Entame Plex-エンタメプレックス-

ライブに、そして幻想的なその雰囲気に酔いしれる「100万人のキャンドルナイト」


午後8時からの2時間、明かりを消してロウソクの火だけでスローな夜を過ごすイベント『100万人のキャンドルナイト2015@増上寺』が、6月21日に開催され、藤巻亮太(レミオロメン)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)らが出演。消灯カウントダウンの前後にライブを行った。

この日、都内は朝からあいにくの小雨模様だったが、ライブの熱気が伝わったのかイベント中には晴れ間が。藤巻も「みんなの日頃の行いがよかったので晴れましたね(笑)」と軽妙なMCでつなぎ、「こうなることを見越して太陽のよく似合う曲を用意しました」と「太陽の下」を熱唱。観客もウェーブで応じる盛り上がりようだった。さらに、「『太陽の下』よりもっとぴったりな曲」として「雨上がり」を披露すると、観客からは一際大きな歓声が上がった。

午後8時には、イベントにあわせ東京タワーも消灯し辺りはキャンドルの明かりのみに。真っ暗な境内に約600個のロウソクが灯ると、その優しくゆらめく炎にうっとりする観客たち。既存のライブ会場では味わうことのできない幻想的な雰囲気、さらにはそんな空間が生み出す不思議な一体感に誰もが酔いしれているようだった。

そして、そんな一体感に拍車をかけるように、田島貴男がステージへとあがりライブを披露。闇の中ステージに立った田島は「ここまでお客さんの顔が見えないライブは初めて」と最初こそ戸惑った様子を見せていたが、「ウイスキーが、お好きでしょ」「朝日のあたる道」「接吻」など9曲を熱唱。オーディエンスを煽りまくるパワフルなパフォーマンスで圧倒していた。歌い終えた田島は「お客さんの姿は見えなくても心の目で見ました!」と感想を語った。

100万人のキャンドルナイトは夏至と冬至の午後8時からの2時間、一斉に電気を消灯し環境やエネルギーについて考えるイベントだ。会場となった増上寺には、「オーガニックフェスタ」としてオーガニック製品&フードのお店も出店。この日の『100万人のキャンドルナイト2015@増上寺』は約5500人が来場するにぎわいだった。

<関連サイト>
100万人のキャンドルナイト2015@増上寺 http://candle-night.tokyo/
藤巻亮太(レミオロメン)、ツアー最終公演の模様がニコ生でオンエア http://www.entameplex.com/archives/20966