Entame Plex-エンタメプレックス-

山崎あおい、バースデイライブで22歳の3つの抱負を宣言


現役大学生シンガーソングライター:山崎あおいが28日、東京・渋谷クラブクアトロでバースデイライブ「Happy LIVE Day with YOU」を行った。

この日、22歳の誕生日をむかえた山崎のバースデイライブは「1年の計は誕生日にあり」とタイトルされた映像からスタート。映像は昨年のバースデイライブ以降のシングルリリース、イベント、ジャケット撮影、ツアー、レコーディングなど彼女の1年間の活動を荘厳なBGMにのせて走馬灯のようにフラッシュする。そして、9月16日発売のコンセプトミニアルバム「ピンヒールベイビー」のジャケット写真に“また今年も山崎あおいの一年がはじまる”とテロップが浮かび上がると、1曲目「ふたりで歩けば」のイントロがスタート。今年のバースデイライブのテーマは、お祝いだけでなく、彼女の1年の節目としてのライブであり、22才の1年をどう過ごすか決意表明するライブに。

最初のMCで「22歳になりました! このライブは私がお祝いされたいってことから始まったんですが、最終的には皆さんが楽しかったね、で帰れるといいなと思います」と話し、ライブ中盤には、今回のテーマである今年1年の3つの目標を発表。ひとつめは『海外旅行』。まだパスポートも取得していないらしく、まずは早々に申請することから始めるとのこと。ふたつめは『クリスマス曲』。夏の曲は多いけどクリスマスの曲が無いのでつくりたいと宣言。そして、最後の目標は『浮気される』。山崎あおいらしい謎の目標だったが、これは“浮気される”までには、出会いがあって、恋におちて、付き合って、ラブラブな時期があって、倦怠期があって、たどり着くのでシンガーソングライターとしては経験してみたいということらしい。

そして、最新作「ナインスではじまる恋」のミュージックビデオが初披露された。ミュージックビデオが終わり再びライブがスタート。本作のジャケット写真やミュージックビデオと同じワンピース姿でステージに登場すると、客席からは大きな歓声があがった。そして、ミニアルバム収録曲「ほめられたくないワンピース」「ピンヒールベイビー」「shibuya cynic」「ツマサキ」を披露。最後はまさに夏の終わりにぴったりな「花火のあと」を歌唱し、「デビュー3年目をむかえ、こうして多くの人に誕生日ライブに来ていただきましたが、まだまだ届いてない人も多いと思います。今回のコンセプトミニアルバムでもっと多くの人に届けたいと思います」と意気込みを語り、22歳の初ライブを締めくくった。

なお、山崎は、ミニアルバム「ピンヒールベイビー」のリリースを記念し、9月19日に愛知・名古屋パルコ 西館1階イベントスペース、9月20日に東京・タワーレコード新宿店7F イベントスペース、そして、9月23日に大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペースでインストアライブの開催が決定している。

<関連サイト>
山崎あおい http://yamazakiaoi.jp/
山崎あおい、待望の新作を1月リリース、“超早得”特典には未発表の新曲も http://www.entameplex.com/archives/17067