Entame Plex-エンタメプレックス-

寺田心、ジジイになりきり平均年齢約7.3歳の“チビ龍三と七人の子役たち”を結成


北野武監督17作目となる最新作『龍三と七人の子分たち』のDVD&Blu-rayの発売記念イベントが5日、都内で行われ、本作にちなみ“チビ龍三と七人の子役たち”と銘打ち平均年齢約7.3歳のこども応援隊を結成。人気子役の寺田心をはじめ、石倉来透、藤原右成、大智、松田翔生、志保澤泰斗、真部晟凪、斎藤龍音が出席した。

本作は、引退した元ヤクザのジジイたちが、オレオレ詐欺や悪徳訪問販売でやりたい放題のガキどもと対決する、気分爽快ジジイ大暴れエンタテインメント。主演の藤竜也をはじめ、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭といった平均年齢73歳の超ベテラン俳優たちが、個性豊かでチャーミングなジジイたちを演じ、大暴れする。

この日、寺田は、オールバック、ビシッと決まったスーツ姿で登場。藤が演じる龍三になりきり「“鬼の龍三”こと、寺田心です!」と元気いっぱいに挨拶。

今回、“チビ龍三と七人の子役たち”の代表として、こども応援隊の隊長に任命された寺田は、「今日はみんなそれぞれに、龍三さんと、マサさんと、モキチさんと、イチゾウさんと、ヤスさんと、ヒデさんと、マックさん、タカさん、気持ちもなりきってます! カッコイイヒーローになれて僕たちもとても嬉しいです!」と、七人の子役たちが扮した役柄の名前をひとりひとり丁寧に呼び上げる姿はさすが天才子役! 本作の感想については「仲間のために一生懸命になれて、カッコイイなと思いました。僕たちも“一龍会”のみなさんみたいに、おじいちゃんになっても仲良しになれたらイイなーと思いました。」と、コメント。

また、本作の監督“北野武(ビートたけし)さんを知っている人?”という質問に対しては、8人全員が揃って「はーい!」と元気よく声を張り上げ、マサ役の石倉が「冗談じゃないよ。の人です」とモノマネを披露。それに続き、次々と「子供にはちょっと早い、大人向けの映画をつくっている人」「監督さんも役者さんもお笑い芸人も同時にできてすごい」「いろいろ面白いことができてとてもステキ」「テレビではちょっとふざけている部分もあるけど、真面目なときには真面目でカッコイイ」と、こどもたちから褒め言葉のオンパレード。

また、“73歳になったら何をしたい?”という質問に対し、寺田は「あと、66年後のことだから、まだわからないけど、この映画のおじいちゃんたちみたいに、元気に俳優をやっていたいと思います」とキッパリと即答。最後は、こども応援隊結成の儀式として、子役たちは、それぞれのキャラクターになりきり、決めポーズで「ジジイが最高!」元気いっぱい叫び、イベントを締め括った。

映画『龍三と七人の子分たち』のDVD&Blu-rayは、10月9日発売。

発売・販売元:バンダイビジュアル  
©2015 『龍三と七人の子分たち』 製作委員会

<関連サイト>
『龍三と七人の子分たち』 http://www.ryuzo7.jp
北野武監督作“初”のコラボアニメ化! 第一弾「龍三とYシャツと私」が解禁 http://www.entameplex.com/archives/24348