Entame Plex-エンタメプレックス-

BIGBANG「ここに立つまでに色々なことがあった」10周年の節目となるスタジアムライブに計16万5,000人が熱狂


日本だけでなく世界的にも活躍する韓国発のグループBIGBANGが、7月29日から31日にかけてデビュー10周年記念となるスタジアムライブ「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN」を開催。3日間で計16万5,000人を動員した。

事前に発売されたチケットは即完売で、会場となった大阪・ヤンマースタジアム長居には連日5万5,000人ものファンが詰めかけた今回のライブ。日本メジャーデビュー曲「MY HEAVEN」でオープニングを飾り、メンバー5人がステージに登場すると会場からは割れんばかりの歓声が。続いて「WE LIKE 2 PARTY」、「HANDS UP」といったパーティチューンで集まったオーディエンスのテンションをさらにアゲると、その後は一転メローな「BAD BOY」、「LOSER」で会場を揺らしつつも、「ガラガラ GO!!」で再び会場は大合唱。
そして、V.I、D-LITE、G-DRAGON、GD&T.O.P、 GD X TAEYANG、T.O.P、SOLとそれぞれのソロ&ユニットのヒット曲を披露しつつ、さらにはD-LITE&V.IのユニットでD-LITEカバーアルバムに収録された「じょいふる」を熱唱。今回のライブ限りの特別なステージも飛び出し、会場をさらに盛り上げていく。

途中MCではリーダーのG-DRAGONが「BIGBANGという名前で10年間活動して築き上げたものの結晶が今日ここ、ヤンマースタジアム長居だと思います。ここに立つまでに色々なことがありましたが、それらを乗り越えられたのは、ここにいるメンバーとファンの皆さんの力がなかったら絶対できないことだったと思います。本当にありがとうございます」と10年間の感謝の気持ちを伝え、会場の一体感はさらに増していくようだった。

ヒット曲が満載のステージの中で、ハイライトとなったのは、彼らの最強アンセム「BANG BANG BANG」と「FANTASTIC BABY」。5万5,000人が一体となった大合唱はまさに圧巻。その後も、アンコールでは「LAST FAREWELL」、「SUNSET GLOW」、「LIES」と初期楽曲が披露され、さらに最終日には追加で「FEELING」も熱唱。ラストは「BAE BAE」の大合唱で締めくくった。

なお、今回のライブは11月2日(水)に早くもDVD & Blu-rayとなってリリースされることが決定。また、11月からは待望の日本ドームツアー開催も決定している。

<関連サイト>
BIGBANG、浜崎あゆみのライブやステージ裏まで公開!? 「a-nation」会場からdTV初の生特番を配信
http://www.entameplex.com/archives/30428

花火とイルミ、光の共演が楽しめる「さがみ湖納涼イルミリオン」がスタート!
http://www.entameplex.com/archives/30637

“可愛くてマジ天使”悩殺されるファン続出のTwitter発美少女の“りーめろ先輩”って……
http://www.entameplex.com/archives/30721