Entame Plex-エンタメプレックス-

バナナマン日村「くいもんじゃねぇよ」超激辛料理に悶絶


世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していくAbemaTVの番組『日村がゆく』。

6月7日の放送回では、「激辛の新しい夜明けを見つけるの巻」と題し、バラエティ番組に欠かせない罰ゲームの王道“激辛”をテーマに日村応援隊の人形“おりょう”とバラエティに向いている「激辛の食べ物があるか」を探った。

今回は実際に激辛料理を体験するべく、番組ゲストに某テレビ番組の「激辛通選手権」で優勝した経験を持つ、激辛グルメ専門家・鈴木浩二が登場。鈴木は、これまで400食以上の激辛グルメを制覇しており、今回はその中から厳選した「超激辛料理のトップ3位」を紹介した。

1品目に出てきた超激辛料理3位は、池袋にあるインド料理屋「サフラン池袋」より、普通のカレーの400倍辛いと言われている“世界一辛いカレー”。

鈴木から“世界一辛いカレー”について「今回紹介する中では余裕な方」と紹介され、日村がカレーを試食してみると、少しの量を食べただけで咳き込み「ダメだ、あり得ない…! 辛い! (今日の番組)終わりだよ、終わり! (口が)ずっと刺されている」と辛さを訴えた。

続いて、超激辛料理2位には表参道にある「赤い壺」のハバネロの輪切りが入っている“いかとニラのハバネロチヂミ”が登場。

“いかとニラのハバネロチヂミ”を食した人があまりの辛さに体調を崩す人が多かったため一時は販売中止となり、今では食べる前に食べた後の体調不良は自己責任というサインをお客様に書いてもらうことがルールになったと店長より紹介されると、日村は「自己責任って、スカイダイビングと同じやつじゃん…」と不安な表情を見せながらも、誓約書にサインを記入。

その後、日村が恐る恐る“いかとニラのハバネロチヂミ”を口にすると、突然目を見開いて咳き込み、「辛れぇえ…痛い痛い…」と叫び、辛さを通り越して痛い感情になったと話した。

最後に登場した、超激辛料理1位となる3品目は、池袋にある「鬼金棒 池袋店」の世界一辛いラーメン“カラシビ味噌ラーメン鬼殺し”。

日村がいかにも辛そうな見た目をした“カラシビ味噌ラーメン鬼殺し”の匂いを嗅いでみると「ダメだこんなん…無理だって…無理無理無理!」と身の危険を感じたような様子で、笑いを誘った。

その後、弱気な姿で“カラシビ味噌ラーメン鬼殺し”の試食に挑戦。スープを口にしてみると、「なんじゃこれ! くいもんじゃねえよ! これ食べて人いるんですか? あり得ない…」と今までとは違う勢いでうなり、超激辛料理1位の威力の凄まじさを語った。

©AbemaTV

<関連サイト>
ぺこ&りゅうちぇるの思い出写真が可愛すぎる
http://www.entameplex.com/archives/37043

矢口真里、HKT48指原に「私をライバルにしたらダメ」
http://www.entameplex.com/archives/37055

倉持由香の見せパン写真に「最高じゃん!」「いいね!」
http://www.entameplex.com/archives/36973