Entame Plex-エンタメプレックス-

Chara、最新作でくるり岸田らと豪華コラボ!


7月19日(水)に発売となるCharaのニューアルバム「Sympathy」にくるりの岸田繁が参加することがわかった。

完成した楽曲は「Tiny Dancer」。歌詞をCharaが、作曲&サウンドプロデュースを岸田が手掛けている。

「Tiny Dancer」 は、2年程前からCharaが大事に温めてきたテーマで、「この曲は絶対岸田くんにお願いしたらいい」と閃き、Chara自らがオファー。それに応える形で、岸田の手によってようやく曲が完成した。

この楽曲に関してCharaは「とにかく、私の夢のひとつである『歌詞からメロディーを作る作業」』それの、歌詞をほとんど崩さずに活かされた形で作ってもらって、嬉しかったです。尊敬するミュージシャンは? と聞かれたら、岸田君かなーと言うと思いますね」と話し、岸田は「素敵な音楽家である彼女は優れたプロデューサーであり、凄く才能のあるアーティスト、そして、とても歌の上手い人だと思いました。人となりも、愛溢れる素敵な方です。一緒に少しの時間過ごすだけで、木漏れ日を浴びるように程よく元気を貰えるような、不思議なセッションでした。またご一緒させてくださいね」と話している。

本日21日よりChara Official YouTube Channelでは、2人のレコーディング風景を収めたトレーラーを公開。
和気あいあいとした雰囲気の中作られた「Tiny Dancer」 をいち早く視聴することが出来る。

また、合わせて、作家としても活動するケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)が楽曲「Herbie」で作詞曲&サウンドプロデュースで参加したことが発表された。

ケンモチは楽曲に関して「今回楽曲を作るにあたってイメージしたのは、『Charaの夏ソング』。それもハイテンションの陽気なノリではなく、落ち着いたオトナの夏ソング。ゆったりのれて、まったり浸れるダンスチューン。そこにチャラさんからリクエストであった“ポンポンした音”をちりばめて、弾むような柔らかな曲を作りました」とコメントを寄せている。

「Sympathy」(シンパシー)というタイトル通り、Charaと共感、共鳴した、ゲストを多数迎え、Charaの音楽性を象徴するようなジャンルレスな内容に仕上がっている。

<関連サイト>
“神セブン”ならぬ“ブスセブン”が決定!
http://www.entameplex.com/archives/37258

バナナマン日村「夢かなって思った」ハニートラップ経験
http://www.entameplex.com/archives/37219

LINEやメール「嫌われているかも!?」と感じる瞬間は?
http://www.entameplex.com/archives/37110