Entame Plex-エンタメプレックス-

カラテカ矢部、大ヒット漫画の誕生秘話を明かす


1月26日、AbemaTVで『エゴサーチTV』で放送され、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也、矢部太郎が出演した。
“エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。同番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

この日の放送回では、早速、西野がカラテカの2人をエゴサーチしていくと、2017年10月に発行され、20万部を突破した大ヒット漫画『大家さんと僕』についての様々な評判がヒットし、西野がamazonのレビューを調べると星5つが94%という高評価だった。これを見た西野は、「僕だいだい星1つから埋まりますよ、アンチの人が一斉に来るから」と話し、笑いを誘った。

「本を出してみて何か変わりましたか?」という西野の質問に、矢部は「変わりましたね、それまではエゴサーチしてもネットの中に僕の情報は全然なかった。初めてネットの世界に僕がいるって感じがします」と、反響の大きさを語りました。また、本を出すきっかけについて矢部は、「すごく変わった大家さんで、その話を楽屋とかでしていた。面白いとは言われていたけど、笑いじゃない部分もあった。漫画だったらそういうとこも書けるかなと思った」と話し、そこから劇画原作家・倉科遼の勧めもあって作品を書いたという誕生秘話を明かした。

そんな矢部の話を聞いた入江が、「そう言うけど、『出していこう!』って言ったのは俺だからね?」と話すと、矢部は「入江君に言われても無理だなと思ったけど、大ヒットメーカーの倉科に言われたから『やります』って決めた」と答え、そんな2人のやりとりに、スタジオには笑いが起こった。

西野さんが、「コンビ間で『こうしたほうがいいよ!』ってよくあるんですか?」と質問すると、入江は「テレビに出たい」という目的の為に、矢部に「女子プロレスラーと結婚しろ」と勧めたり、タレントのダンテ・カーヴァーを入れて「3人組になろう」と提案したことを明かし、さらに笑いを誘った。

普段のスケジュールを聞かれた入江は、「売れない若手芸人の悩みを聞くのと、あとは社長との会食かな」と答え、西野の「社長となんの話で盛り上がるんですか?」という質問には、「建設企業の社長と、IT企業の社長が多いんだけど、それぞれパターンが違くて、建設企業の社長には『社長、昔絶対やんちゃでしたよね?』と言うと心を掴める。“やんちゃ”ってワードがめちゃくちゃ好きだから」と話し、さらに、「最後までお酒を付き合ったら、だいたい商談は決まるよね」と、建設会社の社長との会話の盛り上げ方を明かした。大爆笑の西野が、続けてIT企業の社長との会話の盛り上げ方を聞くと、「言われたことをとりあえずメモる。その瞬間を生きてるから喜んでくれるよね、あと何歳で起業されたかを聞いても喜ぶ」という入江の持論に、スタジオはさらに大爆笑に包まれた。

番組の最後に、西野がカラテカの今後の活動について聞くと、「今年は2人でなにかできたらいいねとは話している」と入江が語り、ネタについても質問すると、2ヶ月に1回行っている『カラテカライブ』で新ネタを披露していることを明かした。「22年芸歴あって、もう20年位テレビでネタやってないからね」と聞いた西野は、「ネタ見たい!」と2人にお願いすると、カラテカの2人はなんと約20年ぶりにテレビでネタを披露。スタジオにたくさんの笑いを起こした。

©AbemaTV

<関連サイト>
指原莉乃がドン引きしたセクシー男優の無意識の行動
http://www.entameplex.com/archives/41194

ももクロ夏菜子、“おっぱいショットグラス”が話題に!
http://www.entameplex.com/archives/41201

元NMB48須藤凜々花、ガチギレ映像に「チビりました」
http://www.entameplex.com/archives/41140