Entame Plex-エンタメプレックス-

“オオカミくん投票”1位のたいぞーが最後のデート


3月11日、AbemaTVで『真冬のオオカミくんには騙されない』が放送された。

同シリーズは、本気で恋愛したい女子高生と同世代の男子が出会いからデートを繰り返し、恋に落ちていくまでを追った恋愛リアリティーショー番組。しかし、男子の中には嘘をついて、好きでもないのに好きというフリをしている“オオカミくん”が最低でも1人混ざっており、誘惑や混乱を招くような言動をすることでよりリアルな恋愛模様を引き起こすことが見どころの1つで、女子高生を中心に、幅広い世代からも人気のシリーズ。また、今シーズンは「視聴者の方からの投票によって、1番オオカミくんだと思われている男子が途中で落とされる」という新ルールも追加され、さらに注目度が高まっている。

この日は視聴者の投票によって、1番オオカミくんだと思われている男子が途中で落とされる“オオカミくん投票”の1位を発表した。発表当日、集まった9人は1番最初に出会った場所であるお台場でバーベキューを楽しむことに。全員が揃う最後の食事ということで、寂しい気持ちを隠しながら笑顔を見せてその時間を楽しんだ。その後、“オオカミくん投票”の発表を前にして、モデルのバンダリ亜砂也(以下、あさや)がモデルのマーシュ彩(以下、あや)を呼び出し、「俺“オオカミくん”投票(途中経過)で1位取ったりとか色々危ういわけよ、もし落ちたらあやちゃんがどう思うかっていうのが気になる」と今の心境を明かすと、あやは少し迷いながらも「悲しい、(あさやが)落ちたらどうするのか自分でもわからない」と答え、その回答を聞いたあさやは「もうそれ聞けたから落ちてもいいや」と笑いながら語った。

次に、ダンサーのSORAが女優の安倍乙(以下、おと)を呼び出し、先日の遊園地デートで行われた中間告白で、おとからお守りをもらったものの、自分がラッパーの吉田凜音(以下、りんね)を選んだことに対し、「そこで答えを決めたとは思ってほしくなくて。伝えるべきか迷ったけど、オオカミの投票で1位に選ばれたら落とされちゃうからさ」と伝え、これを聞いたおとは「どうすればいいんだろうね…」と複雑な表情を見せた。

別の場所で2人きりになったモデルの若槇太志郎(以下、たいぞー)は、たいぞーに想いを寄せる元アイドルで女優の大和田南那(以下、なな)に対し、「最後かもしれないね」と語り、「わかんないけど俺が今“オオカミくん投票で”有力だからさ。抜けたらもう会えないね…。落とされたくないけど」と、弱気な一面を見せた。

ついに迎えた“オオカミくん投票”発表。

男子メンバーが1人ずつ赤い月ランプを持ち、“オオカミくん”投票で1位に選ばれていたらランプの色が消えてしまうというルールのもと、1人ずつが赤い月ランプを持ち脱落者が明らかに。たくみ、SORAの確認の終え、前回の“オオカミくん投票”で1位に選ばれていたたいぞーの順番に。たいぞーを除く8人が手をつなぎカウントダウンをすると、たいぞーの持っていたランプの色が消え、脱落が決定。

この結果に対し、たいぞーは「自分がしてきた事がこういう結果なら仕方ないと思う。俺は後悔していない」と、心境を語り、“最後に自分が最も話したい相手と2人きりで1時間過ごすことが出来る”という手紙を読んだ後、4人の中からななを指名した。
2人は最後の1時間、ゲームセンターでプリクラを取ったり、UFOキャッチャーをしたりと楽しい時間を過ごす。

そんな2人の最後のデートVTRを観ていたお笑いタレントの横澤夏子は「やめて…切なすぎる」と語り、女優の飯豊まりえも思わず涙を見せた。

別れの時が近づき、たいぞーが「さっきみんなの前で、後悔はしてないって言ったけど、ななちゃんには申し訳ないと思った」正直な気持ちを打ち明けると、ななも「残りの時間で他の人に行ける気がしない」と今の心境を明かした。その後たいぞーは「今まで信じてくれてありがとう」と感謝の想いを伝え、ななのもとを去った。

©AbemaTV

<関連サイト>
女優・柳美稀、実はサブカル系ツンデレ女子だった!?
http://www.entameplex.com/archives/42080

ミラクルひかる“地上波NGネタ”に「さすがだね!」の声
http://www.entameplex.com/archives/41912

岡井千聖「マジムカつきました」放送全カットの理由は?
http://www.entameplex.com/archives/41915