Entame Plex-エンタメプレックス-

指原莉乃、TENGAのスゴさを指で体験…手で動きを表現!


7月17日、AbemaTVで『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』が放送された。

『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』は、タレントの指原莉乃と、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務め、番組スタッフが街頭やオーディションで見つけ出した、普通の男性とは異なる「サイテー男」たち10名を集めて、“サイテーな恋愛事情”を聞き出し、悪い男の人に引っかからないよう学んでいく、女性のための恋の教科書番組。

この日の放送回では、ゲストに“顔と話術で女性を食い荒らす”お笑いコンビ・真夜中クラシックの高橋佑介を迎え、“エロメン”の月野帯人、ベーシストのITARU、パリピ芸人のタッツィーネ、お笑いコンビ・やさしいズの佐伯元輝、シンガーソングライターのしんどうたくみなど、個性的な総勢10名のサイテー男が出演。

テーマ「たまに会いたくなる女性」では、小杉が指原に「さっしーもたまに会いたくなる男の子とか友達いる?」と聞くと、「日頃は、本当にシソンヌの長谷川さんとしか会っていない。でもそれは会いたくなると言うか、“報告したい”だけで、会いたいな! という人はいない」と、プライベートの交友関係を明かす一幕も。

このテーマに、「全て賛成する女」と発表したベーシストのITARUは「人生に迷った時に、会いたくなる人で、電話していても会っている時でも全部(僕の意見に)賛成してくれるんです。具体例をあげると『バンドを辞めて普通に仕事しようかな? どんな仕事がいいかな?』と聞いても、『ITARU君がやるんだったら、どんな仕事でも大丈夫』とか。(深い)内容は何も聞かないで、全部賛成してくれる。自分が上手くいっている時は、そういう女と会うと、何も考えてないと思ってイライラしちゃう。

だから普段は本当に会いたくない。でも本当に迷った時だけ、その子の所に行くと、全部肯定してくれるし、背中を押してくれるので、本当にたまに会いたくなる」と話した。するとこの話を聞いていた吉田が「全てに賛成するというのは、精神科の看護師のやり方なんですよ」と一言。小杉が「何で、お前知ってんねん!」と聞くと、吉田は「俺の嫁が精神科の看護師だったから。それで(彼女が買ってくれた)新車を蹴るとか、ITARU君の話を嫁にしたんですよ。そしたら『ちょっと待って!その人、○○っていう病気かもしれない』と言った」と明かし、スタジオの全員が大爆笑。指原も笑いながら「面白すぎる」とコメントした。

続いて「この娘のお仕事な~んだ?」のコーナーでは、女性の見た目や質問を通して、女性の職業が何かを当てる。スタジオに現れたのは、ショートヘアーの活発な雰囲気の女性。サイテー男の皆さんは「結婚していますか?」「友達は多い?」「どこで遊ぶ?」「パンツは履いている?」など様々な質問をぶつけた。またスペシャルヒントとして、女性の仕事中の手の動きをスタジオで再現。これらの情報から、指原とサイテー男たちは、女性の職業を推測した。

指原は「TENGAの品質チェック」、サイテー男たちは「ソフト・オン・デマンドの社員」「お茶出しするOL」「ジムでプロテインジュースを作る人」と回答。正解は「株式会社TENGAで広報を担当している女性」だった。

そこから実際に商品を広報としてスタジオで説明してもらうことに。全員が興味津々な様子で説明を聞いたり、指で体験していると、突然指原も「私も指突っ込んでみたい!」と言い出し、実際に体験してみることに。TENGAに指を入れた指原は「うわっ!」と驚いた表情を見せ、「絶対に(指から)離れないです!」と、TENGA内部の動きを手で表現。

これに吉田が「すごいな! TENGAの動きを真似するアイドル!」とツッコミを入れ、小杉も「(動きが)フォーチュンクッキーみたい!」とコメントし、スタジオが笑いに包まれた。

小杉が「カッコイイ!お洒落家電みたい」と驚いたTENGAの商品と、広報による詳しい説明は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で、無料で楽しめるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
指原莉乃「サイテーぶりを発揮していってください」
http://www.entameplex.com/archives/44292

指原莉乃、男の貧乳アドバイスに「マジでアホすぎる」
http://www.entameplex.com/archives/44173

指原莉乃、ブラマヨ小杉に喝「今までで1番気持ち悪い」
http://www.entameplex.com/archives/44063