Entame Plex-エンタメプレックス-

EXILE&三代目JSB:小林直己、「いつかドーム公演で居合いを……」


“撮影を経て自分も変わりつつある……”

EXILEのメンバーであり、三代目 J Soul Brothersのリーダーでもある小林直己(NAOKI)は、ドラマデビュー作となる「医師 問題無ノ介」出演にあたってそう話してくれた。

今では接する機会も減ってしまった時代劇だが、dビデオ powered by BeeTVにて12月20日より配信開始となる今作では、“痛快時代劇エンターテインメント”という新たな形で時代劇の魅力を改めて表現。そこでドラマデビューでながら、主演の杉良太郎の敵役を見事演じきった小林直己。そこで彼が感じたもの、それはEXILE、三代目 J Soul Brothersの活動にも共通するある思いがあった。

――今作がドラマデビューとなりましたが、いかがでした?
「とまどいや難しい部分もありましたが、今まで舞台に出演させていただいていたので、その経験は活きました。ここ1年ぐらい、杉(良太郎)さんの演技塾で歩き方、立ち振る舞いなどを学ばせていただいていたことも大きかったです。今回は、現場でも杉さんの指導を受けつつ、自分的にはものすごくいい経験になりました」

――やはり時代劇は大変でした?
「その時代を生きているという感覚は、それは自分の中でも大きなハードルでした。でも、時代劇は以前からやってみたかったので、今回お話をいただいたときは素直に嬉しかったです。それに、出演にあたって杉さんが“直己の初舞台、俺が大きな花火を打ち上げてやるよ”と言って、劇中の随所に杉さん風のお祝いというか、すごくいいシーンを作っていただいて。それは本当に光栄でした」

――時代劇は好きだったんですか?
「興味はありました。ただ、今はテレビでもあまり放送していないので、触れる機会というのが少ない。そう感じられている人も多いと思うんです。今回はそういった方に時代劇に接するきっかけになればと思っています。時代設定をはじめ様々な違いはあるにせよ、恋愛や仲間を守る、そういったテーマは現代と変わらないと思いますし、共感できる部分も多いので」

――今作に関して言えば、笑いあり、お色気あり、既存の時代劇とはちょっと違う感じもありますよね。
「時代劇となると構えてしまう方も多いと思うんですが、今回は“痛快時代劇エンターテインメント”ということであくまで触れやすく、楽しんで見ることができる。ただ、その中に何か残るものがある、そんな作品にできればと杉さんともお話していました。1つのエンターテインメントとして、みなさんに楽しんでもらえればと思います」

――ただ、その中で直己さんの役柄だけは笑いの要素は一切ありませんね。
「今回は敵役、杉さん演じる問題無ノ介と対峙する役なんですけど、それは個人的にもすごく挑戦してみたい役でもあったんです。正義の味方も好きなんですけど、僕は悪役、昔からアクの強い役を演じてみたいという願望があって。僕はパフォーマンスでもかっこいいものより、どちらかというと鳥肌が立つ、驚きを与えるものを目指しているんです。例えば、生理的に受け付けないと感じられたパフォーマンスがあったとしても、それこそ本当に心に突き刺さっている感じがして」

――今回の悪役の演技は鬼気迫るものがありました。特にあの眼力。ハンパなかったです。
「演技塾の中でも目線は大切だと学んでいたので、その成果でしょうか。僕はもともとこの目がコンプレックスだったんですけど、今は逆にこの目を持っているのは自分1人しかいない、だからこそそれを武器にしていければと思うようになりました」

――今回、実際時代劇を演じてみてどうでした?
「言葉1つとっても学ぶことは多かったですね。劇中、杉さんと対峙してみて、真剣勝負の世界では軽い言葉は絶対に出ないんだと思いましたし、それは現代社会でも言えること、むしろ欠けているものかなと思いました。言葉の重み、行動の重み、そういったことを改めて考えさせられて、撮影を経て自分も変わりつつあるのかなと思います」

――単純に見ている側からすると、侍、殺陣とか、そのあたりは男として憧れますね。
「ですよね!」

――刀とか持ってみたいですね。
「そうですよね! 僕もそう思っていたんですけど、今はこんなに簡単なものではないのかなっていう感じもしていて。なぜ時代劇に憧れるかと言えば、そこに覚悟があるからだと思うんです。誰かを守る、プライドを取り戻すために動く、そこには自分の命と表裏一体のものを行動原理にしていたと思うんです。EXILEとして活動していく中でATSUSHIさんともそういった話をよくさせていただくんです。“ステージでパフォーマンスさせていただくことには責任がある。そして、僕らの何気ない一言が何かに影響を与えるかもしれない。だからこそ自分たちはそういったことと向き合って鍛錬していかないといけない”と。時代劇、そこに生きていた方はそれを実践していた人たちだと思うんです。そこに憧れを感じますし、せっかく日本人に生まれたからには、その精神を現代にも感じたい。だからこそ杉さんは今回“痛快時代劇エンターテインメント”という形を選び、多くの人に届けるようにしたんだと思うんですよね。そんな作品にEXILE、三代目 J Soul Brothersである自分が参加させていただいた、それはすごく光栄ですし、その意味を果たすことができればと思っています」

――刀の扱いや着物での動きは大変でした?
「稽古をすることで慣れた部分もあります。それに、今では1人で着物を着れるようになりました。着物はいいですよ! 着ると気持ちが引き締まりますし。先日、浅草に行って、自分の袴を買いました」

――かなり影響受けてますね。そのうち日本刀が欲しくなったりするんじゃないですか?
「居合いというものに、今とても興味があります。日本の文化を世界に伝える、それは重要なことだと思いますし、それを自分ができたら素敵なことだなと思っていて」

――今回、主人公:問題無ノ介は、口癖のように“問題ない”と言ってましたが、直己さんはどうですか? 今は何も問題ない?
「EXILEは来年から第四章が本格的に始動し、三代目 J Soul Brothersも初の単独ドームツアーがあります」

――今もEXILE TRIBEでドームツアー中ですよね。
「そうですね。こちらでも毎日勉強させていただいてます。でも、異なる2つのグループに所属しているというところで問題あるなしに関わらず、双方もっとコミュニケーションをとって高めていきたい。そして、自分ができることは常に真剣にやることだけなので、刀を差しているときの気持ちと同じく、常に気を引き締めて活動していきたいですね」

――そのうちドームでも居合いとか。
「エンターテインメントと、日本の文化の融合は、常に考えています。“日本を元気に”というテーマで活動させていただいている中で、皆さんに楽しんでいただけるものを目指し、何か取り入れていければと思っています」

――今年はEXILEと三代目 J Soul Brothers、両方の活動もあって大変だったのでは?
「物理的にスケジュール的な部分はありますが、気持ち的には僕自身EXILEの活動、そのメッセージに惹かれて入ったメンバーでもありますし、三代目 J Soul Brothersも同じ思いのもとに集まったメンバー。ですので、思いは一貫しています。そういう意味では、気持ちはまっすぐに向かっています。でも、その中でどちらもドームツアーを行えるぐらい応援をいただいているということは、もっと明確に思いを伝えていかなくてはいけないとも思っています。今作で杉さんが“痛快時代劇エンターテインメント”を打ち出したように、三代目 J Soul Brothersも自分たちのエンターテインメントは何かをもう一度メンバーで考えなければいけないですし、EXILEも第四章、新たなメンバーで何ができるのか、そういうことを考えながら行動していきたいですね」

<関連サイト>
「医師 問題無ノ介」 http://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10009277/
EXILE http://exile.jp/
三代目 J Soul Brothers http://www.jsoulb.jp
EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014の集大成となるツアーファイナルがライブ・ビューイング決定 http://www.entameplex.com/archives/17261