Entame Plex-エンタメプレックス-

本木雅弘が江口洋介の妻に言及 「脚のキレイな奥さん」と評しツッコミ受ける


8月20日(木)、東京・国際フォーラムにて映画「天空の蜂」の完成披露プレミアが行われた。

この映画は東野圭吾原作、堤幸彦氏が監督を務める原発問題を扱った社会派のサスペンス作品。上映前の舞台には、主演の江口洋介や本木雅弘をはじめ、綾野剛、國村隼、佐藤二朗、やべきょうすけ、松島花、落合モトキ、石橋けい、永瀬匡といったキャスト陣と、監督の堤氏、さらには今作の主題歌を担当した歌手の秦基博が登壇した。

江口は「緊迫の8時間を描いたジェットコースターのようなエンターテインメントです。ぜひ堪能してください」と観客に向け、まずはあいさつ。
続いて本木が「こんなに広い場所で完成披露試写会を行うのははじめて」と感激し、「この『天空の蜂』は自分にとって40代最後の作品になります。このような大きなテーマで意義ある作品に記念として出演できたことをうれしく思っています」と感想を述べた。

堤氏は集まった約4,000人の観客を舞台から見渡し「これで(今後のお客)全部なんじゃないか」と驚き、「この作品は東野圭吾先生が20年前にお書きになった小説が元になっております」「時間も手間もかかりました。色々メッセージがこもっています。考えさせられる内容ではございますが、兎にも角にも楽しんでいただきたいと思います」とコメントした。

イベント中盤には主題歌「Q&A」にちなみ、撮影現場でどうしても気になって聞けなかったことや聞いてみたかったことを質問するコーナーが設けられ、江口が「スタントなしで高所のシーンがあるが、実は高いところが苦手だった」ことや、本木の「カーアクションのシーンを繰り返し撮影して、呼吸困難になった。もう2度とやりたくない」などの暴露話が連発。

また、綾野から「撮影が始まると目に狂気が宿る。どうやってるのか?」との質問が飛ぶと、本木は「憑依俳優に言われたくない」と反撃し、「監督、そうですよね?綾野さんこそ憑依してますよね」という一幕も。
すると堤氏も「綾野さんがすごいのは『汗をつけましょう』って霧吹き持ってくると、『いらない。自分で出せる』って」と裏話を明かし、笑いを誘った。

國村はある集中豪雨の日、休憩中の江口の電話が気になったという。國村によると、江口は奥さんに電話をしていたらしく、内容を聞くと、どうやら江口の自宅の地下室が水浸しになったとか。國村はあらためて「どうやって元に戻ったんですか?」とたずねると、これに本木が「脚のキレイな奥さんに電話していましてね。ちゃんと業者にも連絡して」と、江口の妻・森高千里のことを言及。すると、江口は「やめろ!」とツッコミを入れ、息のあった“漫才”を見せた。

最後には、映画の見所のひとつである劇中に登場する超巨大ヘリ「ビッグB」を描いた実大サイズ34mのバナーが垂れ下がり、その大きさに客席からも歓声が。
江口は「東野さんの原作があり、堤監督がメガホンを取り、スタッフが集まり、僕たち俳優陣も集結しました。この映画で伝えようとした意味は観ていただければきっと届くと思います。今日はどうもありがとうございました!」と場を締めくくった。

「天空の蜂」は、9月12日より全国ロードショー。

(c)2015「天空の蜂」製作委員会

<関連サイト>
「天空の蜂」 http://tenkunohachi.jp
東野圭吾原作、堤幸彦監督作品「天空の蜂」、主題歌に秦基博の新曲が決定 http://www.entameplex.com/archives/22239