Entame Plex-エンタメプレックス-

小島梨里杏、緊張のあまり噛みまくり! 初主演映画の舞台挨拶で「何言ってんの!? えっ? もう本当にヤだ~~」と絶句


映画『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』の初日舞台挨拶が2日、都内で行われ、主演の小島梨里杏をはじめ、キャストの渡辺佑太朗、清水尚弥、岡本夏美、花影香音、篠田諒、金子大地、小山莉奈、濱正悟、池田和樹、梅村紗瑛、山谷花純、そして綾部真弥監督が登壇した。

本作は、原作小説&コミカライズがシリーズ累計60万部を突破した「人狼ゲーム」を実写映画化。拉致・監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられるという殺戮の<人狼ゲーム>に巻き込まれた高校生たちを描く極限サバイバルミステリー。これまで、桜庭ななみ主演『人狼ゲーム』(2013年)、土屋太鳳主演『人狼ゲーム ビーストサイド』(2014年)、高月彩良主演 『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(2015年)と公開されてきた人気シリーズの第4弾。

そんな若手女優の“ブレイクの登竜門”と称される本作で映画初主演を務めた小島は、「いろんな気持ちを重ねて臨んだ作品だったので、たくさんの方に観てもらいたい」と、無事に初日を迎え安堵の表情を浮かべつつ「今ここに立っていることにドキドキして緊張した状態なんですけど……何言ってんの!? えっ? ごめんなさい、えっと……」と、緊張のあまりしどろもどろ。

そんな小島のふわっふわな状況に、会場内は笑いに包まれ、ファンからは「梨里杏頑張れ!」と応援の声が飛び交う。すると、小島は「頑張る!」と気を取り直し、再び喋ろうとするも「あれ!? 何の話だっけ……?」と頭が真っ白な状態に。

MCから、演じてみて苦労したことを聞かれた小島は「さっき言い忘れたんですけど、乾朱莉(いぬいあかり)役をやらせていただきました。小島梨里杏です。よろしくお願いします」と質問そっちのけで逆戻り。「一番悩んだシーンは、(渡辺佑太朗演じる)相馬君に自分の過去や負い目を打ち明けるシーンでした。分かっているんだけどうまくできなくてすごく悔しい思いをしました。だからそのシーンは、自分を追い込んで苦労して頑張ったシーンなのです。“なのです”じゃないよ。もう本当にヤだ~~」と絶句。まさに、小島の独壇場となった舞台挨拶は、作風とは真逆な終始笑いの絶えないほのぼのとした雰囲気に。

最後に気を取り直し、小島は「皆さんに観ていただいてこそ、作品は動き出すと思うので、こうして初日を迎えて、多くの人々にどんどん広がってくれたら嬉しいです。このスクリーンで生きていた彼らは、本当に“今”を生きていたと思います。今を大事に生きていきましょう!」とアピールして締めくくると、大きな拍手が沸き起こった。

映画『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』は、シネマート新宿他にて公開中!

© 2016「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」製作委員会

<関連サイト>
小島梨里杏「人を信じられなくなりそう…」、土屋太鳳らのバトンを受け継ぎ『人狼ゲーム』で映画初主演! 
http://www.entameplex.com/archives/29280

山田孝之「いい顔するわー」かわいいと大評判を押す新人女優とは?
http://www.entameplex.com/archives/30099

倍率は165倍! 屈指の人気を誇るLUSH工場見学「ラッシュキッチンツアー」を体験
http://www.entameplex.com/archives/30132