Entame Plex-エンタメプレックス-

大原櫻子「3年前には想像も出来なかった」初の武道館2DAYSで18,000人を魅了


女優・歌手として活躍する大原櫻子が、セカンドアルバム『V(ビバ)』を引っさげ開催した全国ツアー「大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 ~CARVIVAL~」。ツアーファイナルとなる初の武道館で約9,000人、2日間で計18,000人のファンを魅了した。

2階建てのステージの中央には大きな「V」のオブジェが立っており、「SE! CARVIVAL」をBGMに「V」のオブジェから大原が登場!

「“カービバル”、スタートー!!」と呼びかけると会場からは大歓声が沸き起こり、「ステップ」や「真夏の太陽」とアップテンポなナンバーで一気にオーディエンスを熱狂のさなかに。今ツアーで初披露となった『V(ビバ)』収録曲の「勇気と微笑み」、代表曲「瞳」と続く。そして、「トレモロレイン」の「tip♪tip♪tap♪」というイントロが鳴り響き、傘を持った大原がダンサーとともに登場。続けて「メロディー」を歌いながらダンスを披露。ポップな2曲が終わった途端にダンスパートへと一変。ミュージカル「地球ゴージャス」でも話題となっていた彼女のパフォーマンスは今ツアーでも健在で、「DANCE! CARVIVAL」では会場を圧倒。そして、続くダンスナンバー「Dear My Dream」でも歌いながらダンスを披露し、今ツアーの目玉であるダンスパフォーマンスで会場を大いに盛り上げる。

「My Way」でも歌いながらダンスを披露し、ダンスを交えて披露した楽曲は計6曲に及んだ。

大原は「毎回ツアーを開催するにあたって、ピアノとかエレキギターとか、初めてのことに挑戦していて。今回はダンスに挑戦してみました! みなさん、どうでしたか?」と笑顔を見せ、「皆さんとこうして一緒に過ごせて、同じ場所で、同じ空気を吸って、同じ音楽を楽しめることは、奇跡みたいに幸せなことだなと思います。今度は更に大きくなって、また皆さんのところに帰って来たいなと思うんですけど、また来てくれますか?」とファンに呼びかけ、本編最終曲「Scope」を歌い上げ、ステージを後にした。

アンコールで大原は「今日はファイナルということで、今回のツアーでは披露していなかった大切な1曲をみなさんにお届けしたいと思います。それでは、聴いてください」と、ツアーファイナルのこの日限定のサプライズで「ちっぽけな愛のうた」を披露。「ちょうど2ヶ月前に、このツアーが始まりました。歴史ある武道館でライブをやらせて頂くことは、デビューした3年前には想像も出来なかったことでした。これも支えてくださるみなさんのおかげだと心から感謝しています。最後に、感謝の気持ちを込めて、みなさんと一緒に歌いたいなと思います」と呼びかけて「明日も」をファンと共に大合唱。初の武道館でのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。

今後は、12月21日(水)に本ツアー「大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 ~CARVIVAL~」のLIVE DVD&Blu-rayのリリースが決定。女優業では12月よりミュージカル「わたしは真悟」の出演などが決定している。

Photo by 川嶋謙吾(田中聖太郎写真事務所)

<関連サイト>
朝ドラ『べっぴんさん』ヒロイン・芳根京子インタビュー! 「“思いを込めて”大切に丁寧に演じたい」
http://www.entameplex.com/archives/32026

ピコ太郎、“PPAP”生披露に東京パフォーマンスドールも拍手喝采!
http://www.entameplex.com/archives/32103

PUFFY「3人目のPUFFYを決める時が来たのです!」20周年ライブの豪華ゲスト第1弾が発表
http://www.entameplex.com/archives/32094