Entame Plex-エンタメプレックス-

「自分にしかできないサウンドを」三浦大知が語る最新作『(RE)PLAY』


歌とダンスを武器にしたステージパフォーマンスで多くのファンを魅了してきたシンガーソングライター、三浦大知。彼がこのたび、20枚目となるシングル『(RE)PLAY』をリリース。
『(RE)PLAY』はタイトルトラックの『(RE)PLAY』に加え、『Look what you did』と『Daydream』の2曲をカップリングしたシングルとなっている。
今回EntamePlex編集部では、この収録曲の魅力や、すでにYouTubeで70万回再生を突破している『(RE)PLAY』のMVのこと、そして来年1月22日(日)に追加公演として開催される「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2016 (RE)PLAY」の代々木第一体育館公演について話を聞くことができた。

――『(RE)PLAY』の聴きどころについて聞かせてください。

「ブレイクダンスの世界大会の『Red Bull BC One World Final 2016』のテーマソングなので、ダンサーが踊りたくなるようなアンセムをめざしてブレイクビーツをベースにしながらフューチャーベースっぽい最先端のダンスミュージックの要素をミックスして三浦大知にしかできないサウンドを作り上げています。歌詞の上でもダンサーはもちろん、人生を生きていく中で何度も積み重ねてリプレイすることの大切さ、それによって作り上げられる自分の生きざまを描いていて、みなさんの背中を押せる力のある曲になっていると思います」

――MVもダンサーが観たらすごく触発されそうな映像になってますね。

「今回はダンス好きの方が聞いたらヨダレが出るようなドリームチームが集まってるんですよ。楽曲がヒップホップカルチャーで昔からあるブレイクビーツと最先端のサウンドのハイブリッドなので、ダンスもハイブリッドなものにしたいと思って。ニュースタイル系の新しいダンスに加えて、歴史的背景がしっかりしたブレイクダンスやロックダンス、ポッピンといったオールドスクールのダンススタイルのプロフェッショナルたちを招いています。僕たちがいつもやっているダンススタイルとオールドスクールが融合した、今までにないMVになってます」

――カップリングの『Look what you did』の聴きどころは?

「ちょっと土着的なサウンドにいま旬なトロピカルの要素を取り入れています。そんな今っぽいところがありながら、土埃とか、重心の低いところが感じられるようなダークな世界観を作れたら面白いと思って」

――「Daydream」の聴きどころは?

「『(RE)PLAY』と『Look what you did』が、どちらも緊張感があってカロリー的にズシっとくるところがあったので、3曲目は甘いものが欲しくなるというか(笑)。ということで『Daydream』は好きな人と休みの日に、部屋の中でまどろむような、ストレートでラブなR&Bチューンになってます。それと、最近ダンスミュージックではハーモニーを重ねることがあまりなくなってきているのですが、この曲はハーモニーが楽しめるところも魅力ですね」

――日本語の歌でグラミー賞を取るという夢をお持ちだそうですが、実現のためにどんなことが必要だと思いますか?

「国内で頑張って届けていくことが大事だと思います。もちろん今はインターネットがあるので、勝手に世界に発信されていくという部分はあります。外で盛り上がるのもいいですけど、国内で三浦大知という存在が面白いものになって、それがコップに注いだ水が外に溢れるように海外に溢れ出て。日本語の曲にも面白いものがあるんだって海外の人から思ってもらえる、そのひとつに三浦大知の音楽があったらいいなと思います」

――最近ではSpotifyが日本上陸したり、宇多田ヒカルさんのアルバム『Fantôme』が海外でもヒットしていますね。国の隔てなく音楽が聴かれる時代になっていますが、そのことについて思うことはありますか?

「すごくステキなことだと思います。宇多田さんはとにかくスペシャルだと思いますし、BABYMETALさんなんかも日本語のまま海外で聴かれるようになったり、すごく良い状況だと思うので。そこに三浦大知の音楽があったら最高だなと思います。日本語なんだけど世界中で聴かれるものが増えたら嬉しいですね」

――来年1月には初の代々木第一体育館でのソロ公演を控えています。ライブへの意気込みを聞かせてください。

「今回はホールツアーのファイナルという形で代々木を迎えます。ツアータイトルが『(RE)PLAY』なので、17公演を重ねてリプレイしてきた集大成を見せられたらと思ってます。もちろん代々木にはホールでは見られない景色があると思うので、しっかりスペシャルなものを用意して2017年のスタートを切れるような気持ちのいいライブにしたいと思います」

スタイリング:村田友哉(SMB International.)
ヘアメイク:加藤康

<関連サイト>
三浦大知、鬼気迫る踊りで魅せる「Look what you did」のコレオビデオ公開
http://www.entameplex.com/archives/33036

三浦大知、14人のスーパーダンサーが新曲「(RE)PLAY」のMVに集結!
http://www.entameplex.com/archives/32661

三浦大知、難易度MAXのダンスパフォーマンスで2000人の観衆を魅了
http://www.entameplex.com/archives/28173