Entame Plex-エンタメプレックス-

大黒摩季“神セトリ”47都道府県ツアースタート!


大黒摩季が25日、羽生市産業文化ホールでライブを行い全国47都道府県ツアー「Maki Ohguro 2017 Live-STEP!! ~Higher↗↗Higher↗↗中年よ熱くなれ!! Greatest Hits+~」をスタートさせた。

今回のツアーは、病気療養から復帰した大黒がアーティスト活動再開にあたって、全国に挨拶に出向きたいという思いから実現されたもの。その第1弾として6月25日新潟県南魚沼市民会館公演まで21本が開催される。

この日のライブは、「IT’S ALL RIGHT」からスタート。休業前最後のアルバムとなった『すっぴん』に収録されているこの曲は、“すべてを肯定して前向きに行こうよ!”という大黒らしいポジティブ・ソング。この曲をオープニングに持ってくるところに、今回のツアーにかける彼女の意気込みが感じ取れる。

ライブ自体は、イントロのきっかけでタイトル・ロゴが描かれていた幕が振り落とされると、センターにバックライトを浴びた大黒のシルエットが登場。そして、彼女が前に出てくると、会場に詰めかけた1,300人の観客から大歓声が!

ここから7曲目の「あなただけ見つめてる」までヒット曲のオンパレード。8月の「ライジングサン・ロック・フェスティバル」で “神セトリ”と話題になった曲が並ぶ。ここで、やっと本人からの挨拶があり、そのまま「白いグラデーション」「あぁ」を歌い、復帰後の新曲となる「My Will ~世界は変えられなくても~」に続く。この曲では、一生懸命に日々を生きている女性を応援していきたいし、この曲が結果、自分の生き様の歌にもなったことが告げられる。

続いて「Stay with me baby」では薄いブルーのドレスに身を包んでいる登場。華やかなシーンに魅了される観客を前にバラードを歌いきり、振り返ると背中にはスワロフスキーが散りばめられている。
この1曲だけドレスを纏うという贅沢な演出の中、次の曲は「LIFE ~episodeⅠ 誕生~」。これもアルバム曲ながらファンには人気の曲。彼女の生き様に対する強烈なメッセージが込められている。

そして、復帰後最初の新曲として発表した「Higher↗↗Higher↗↗」からラストの「ROCKS」まで再び“神セトリ”と呼ばれるヒット曲が並ぶ。ここは、大黒のライブで最高の盛り上がりをみせるところ。観客全員が思い思いにノリまくっている。

アンコールでは、デビューの頃からの友人でもある原田喧太、徳永暁人を呼び込み3人でセッション風に、デビュー曲「STOP MOTION」を聴かせる。そして、定番曲の「ら・ら・ら」では、大黒が講師を務める東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校生徒30名が登場、観客とともにステージ・客席一体となった大合唱に。そして、アンコールも「ら・ら・ら」で終わらず、「START LINE」で締めくくるところに、今回の復帰に掛ける大黒の強いメッセージを感じずにはいられない。サブタイトルに表現されているように、“Greatest Hits+”という誰もが知るヒット曲中心の構成で“中年よ熱くなれ!!”と自分と同世代の人たちを鼓舞し続けたステージは終了した。

そして、この日のステージで、全国47都道府県ツアーの第2弾が9月10日の宮崎県・日向市文化交流センターから12月10日鳥取県・米子市コンベンション・センターまでの3ヶ月間23本におよぶライブ・スケジュールが発表された。

◆大黒摩季コメント
2010年に病気治療のためアーティスト活動を休業し、気づけば6年もお休みさせて頂きましたが、皆様のお力添えにより昨年の夏、無事活動再開することが出来ました。まずは、各所チャンスやご尽力を頂いた皆様、何より休んでも尚応援し続けてくれたファンの皆様へ、心より感謝申し上げます。

そして今日、念願でもありました47都道府県ツアーをスタート!ということで、幾度かLIVEで大黒摩季として歌うことを諦めかけた日々を思うと、感無量です。

このツアーは、活動再開できたことを全国のファンの方々へ自ら出向き、直接笑顔でご挨拶したいという思いから始まり、休業中に一人の主婦として過ごす中で「家庭を持っていると、自分のタイミングで好きに外出したり、気軽には遠出できない」という現実があり、それならば日本全国津づ浦々自分が出向いていくことで、そうした主婦・働くお母さん達・中高年の方々にもお会いできるはずと思い実現しました。

今回のツアータイトルとなっている、25周年Anniversary Live Step~Higher↗︎↗︎Higher↗︎↗︎ 中年よ熱くなれ!Greatest Hits+~に込めた思いとしましては、

今の頑張れども成果や結果がカタチとして実感できない生き難い世の中で、心まで疲弊し疲れきってしまっている私たち大人、生半可に頂いたバブル時代を謳歌し熱く生きられた昭和世代がどうしても「今の若者は覇気がない!夢を持たないから、つまらない。」などとつい上からものを言ってしまいがちですが裏を返せば本当は、彼らが背中を見ている私たち中高年が挑むことなく安定を望むあまり小さくなってしまったせいではないか?!とふと思ったことがきっかけとなり、タイトル曲の「Higher↗↗Higher↗↗」を作る動機が生まれたところに遡ります。

それは休業中、唯一、音楽専門学校の講師だけは続けていたのですが、生徒に先生として指示を出すだけでは直ぐには行動に移さないのに、自分が実際に大黒摩季らしく本気で歌ったり彼らの目線に立ち共に行動してみると、一瞬の感動や憧れの前では直ぐに行動し、しかも欲しがる思いのもとでは自らが学び伸びたがるので、もう先生などいらなくなるのだと実感したことでした。人が変わるスイッチは、『眩しいショックと、瑞々しい憧れ。』なのだと。

詰まる所、覇気がなかったのは若者ではなく私たち大人で、憧れよりも同情の上で迷惑や心配をかけまいと小さく収まらざるをえなかったのだと気づいてしまった時、くっきりとこれから自分が歌うべきこと、作るべきものが見えたのだと思います。

こうしてまずは大人が楽しみ、たとえ小さくなっても夢や目標に夢中となり、未来は決して暗くない捨てたもんじゃない、あんな大人になりたい♪と思うような背中を見せることが世の中を明るくする近道だと、ツアー・サブ・タイトルを「Higher↗︎↗︎Higher↗︎↗︎ 中年よ熱くなれ!Greatest Hits+」にしました。

今年5月末より始まるデビュー25周年を挟んで来年5月まで、この全国ツアーを続け47都道府県を回りきり、世の中に大人が心底楽しめる場所をLIVEをつくること、もう一度「熱くなれ」と全身で伝えていくことが、私を応援し続けてきて下さった皆様への恩返しとも思っています。

今日が初日ということで、病み上がりの身には不安や心配もありながら、全国のファンの方々に会える喜びと、病気のないクリアな体で臨めるLIVEが自分でも楽しみで、既に盛り上がっています!ツアーメンバーも自らアーティストでもある精鋭揃い、サウンドもゴージャスなので、まずは私と一緒にHyperなサウンドに身を委ねて心と体の温度を1℃あげ、再び輝くためのスイッチを入れていただくきっかけになれば本望です。

さぁ!日本中のお疲れチャンな大人達よ、懐かしい曲のもとで少年少女に戻って思いきり
「Higher↗︎↗︎Higher↗︎↗︎ 中年よ熱くなれ!」

<関連サイト>
高島彩インタビュー! アヤパン流アカデミー賞の楽しみ方
http://www.entameplex.com/archives/35054

GLAY・TAKURO「ゆうばり映画祭」応援コメント動画到着!
http://www.entameplex.com/archives/35043

秋元才加“どんどん嫌って”「奪い愛、冬」性悪女を好演
http://www.entameplex.com/archives/34858