Entame Plex-エンタメプレックス-

向井理「(斎藤工は)変な人だなって思ってた(笑)」


池井戸潤が徳間書店発行の月刊小説誌「問題小説」にて2006年から2009年にかけて連載していた「アキラとあきら」が、WOWOWで7月にドラマ化されることが決定。このたび、本作で向井理と斎藤工がW主演を務めることがわかった。

WOWOWが池井戸作品を手掛けるのは「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」(2009年/全5話)「連続ドラマW 下町ロケット」(2011年/全5話)「連続ドラマW 株価暴落」(2014年/全5話)に次いで今作で4作目。今回はその中でも最長の全9話で制作され、スリリングな展開と重厚な人間ドラマが持ち味の池井戸作品をじっくりと堪能できる。

大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(かいどうあきら)。父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛(やまざきあきら)。2人の人生は、何かに導かれるように交差する。幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折……。人生のキーワードを盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、「アキラとあきら」の“宿命”のドラマを描く。

彬役には6月に自らが企画した映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』の公開を控える向井、瑛役には俳優としてだけではなく、映画情報番組「映画工房」の司会など幅広い分野で活躍する斎藤。W主演の2人は連続ドラマW初登場となる。なお、原作は大幅な加筆修正を加え、2017年5月31日(水)に文庫判で発売される予定。

向井は本作について、「池井戸さんご自身のご経験からいつもとてもリアリティがあり、尚且つエンターテインメント性もある作品なのでとても楽しみでした。また、本作のような同世代の友情、そして一見するとライバル関係、主人公二人のタイプが違うからこそお互いが認め合うお話は今までになかったと思うのでとても新鮮です」とコメント。斎藤との共演について「共演するのは本作で4作目になりますし、同じ年でプライベートでも話はしています。初めての時は変な人だなって思って見てました(笑)。しっかりと対峙して二人芝居に挑戦するのは本作が初めてで不思議な感じですが、楽しんでやれればと思います」と話している。

一方の斎藤は向井について「俳優をされている方々の中で数少ない同学年です(笑)。向井さんは客観性を持っていて良い意味でクールな部分もあり、階堂彬に通じているところがあると思います。また、俳優としての彼の歩みの奥に隠れたうごめくものが同時にあるなと感じています。彼自身がどういう道を歩んできて、そしてどこにいくのか興味がありますし、そうした中で今回、初めて深く関わっていけることはとても楽しみな現場です」とコメント。ドラマについては「原作本がこれから発売されるというのは非常に珍しい機会ですし、本作では池井戸さんご自身のご経験も含んでバブル時代を経た日本が描かれているかと思います。その映像化作品に出演させていただくことに何か特別な意味を感じていて、去年でも来年でもなく今、出会うべき作品だなと思っています」と語っている。

<関連サイト>
ざわちんのタラレバ3人娘のものまねメイクがスゴすぎる
http://www.entameplex.com/archives/35453

WBCテーマ曲を歌ってるシンガーは誰!?
http://www.entameplex.com/archives/35430

たんぽぽ川村が訴える「覚悟をもって抱いてくれ!」
http://www.entameplex.com/archives/35418