Entame Plex-エンタメプレックス-

篠崎愛と吉木りさ、仕事場で“蹴り合い”


4月5日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『篠崎愛の初体験ラボ#52〜篠崎愛VS吉木りさ!炎の7番勝負2時間SP』が放送された。

同番組は、篠崎愛とアルコ&ピース(平子祐希・酒井健太)が、世の中の皆さんに代わってアブナイ初体験をし、その結果を報告するというもの。

この日は“篠崎愛VS吉木りさ!炎の7番勝負2時間SP”と題し、番組で1年間、篠崎の「宿敵」とイジられ続けた吉木りさがゲストに登場。

番組開始早々「何が篠崎愛の初体験ラボだよ!私の番組にしてやるよ」と、吉木が眉間にシワをよせた顔つきで登場。そんな姿を見た平子が「(2人は)仕事場でも唾やガムのかけあいしているの?」と聞くと、吉木は「足の蹴り合いだよ!」と勢い良く回答。

一方「(吉木さんに)言いたいこと無いの?」と聞かれた篠崎は「全然ないです。いつもお世話になっています(笑)」と吉木とは反対に笑顔を見せていた。

続いて、お題に対してより攻めた回答をした方が勝つ「よくぞ言ったぞ!対決」では、“異性に言われて衝撃だった一言”というお題に。
吉木は、「男性と初デートの雨の日に、部屋干しをした服を着て待ち合わせをしたら、会った瞬間に『お前、カメムシみたいな臭いするな』って言われました」と、過去の話を赤裸々に告白。

篠崎は「ブタ」と一言回答。
食事をしている最中に、よく食べる篠崎の姿を見て、「食べすぎだろ、ブタ」と言われたエピソードを話し、それに対し平子は、「カメムシ対ブタの戦いですよね? 昆虫対決みたい」と笑いを誘った。

そのほか、7番勝負では、指定のお題に対して即興でセクシー風に表現する「即興セクシー対決」や、グラビアアイドルに関するクイズを出題する「グラビア目利き対決」など、篠崎と吉木の本気の対決を2時間にわたり配信。激しい戦いの勝敗は篠崎が勝ち、負けた吉木は番組恒例の“セクシー土下座”姿を見せ、番組を締めくくった。

©AbemaTV

<関連サイト>
飯豊まりえインタビュー! もがき苦しんだ『暗黒女子』
http://www.entameplex.com/archives/35788

欅坂46、デビュー1周年記念ライブにファン熱狂!
http://www.entameplex.com/archives/35919

尼神インター・誠子「この番組だけは出たくなかった」
http://www.entameplex.com/archives/35708