Entame Plex-エンタメプレックス-

池井戸潤原作ドラマに石丸幹二が抱いた期待と不安


池井戸潤の“幻”の長編”と呼ばれていた「アキラとあきら」を原作に、7月9日(日)にスタートするWOWOWドラマ「連続ドラマW アキラとあきら」の豪華キャスト陣が解禁となった。

本作は、自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才2人の“宿命”を描くヒューマンドラマ。

WOWOWが池井戸作品を手掛けるのは「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」、「連続ドラマW 下町ロケット」「連続ドラマW 株価暴落」に次いで4作目だが、今回はその中でも最長の全9話で制作。スリリングな展開と重厚な人間ドラマが持ち味の池井戸作品をじっくりと堪能できる。

大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬。父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛。2人の人生は、何かに導かれるように交差する。幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折…。人生のキーワードを盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、「アキラとあきら」の“宿命”のドラマを描く。

彬役には6月に自らが企画した映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』の公開を控える向井理、瑛役には俳優としてだけではなく、映画情報番組「映画工房」の司会など幅広い分野で活躍する斎藤工。W主演の2人は連続ドラマW初登場となる。

そして作品を彩る豪華キャストとして、産業中央銀行の人事部・安堂章二役に小泉孝太郎、彬の父であり、東海郵船・社長の階堂一磨役に石丸幹二、瑛の父・山崎孝造役に松重豊、瑛の同級生、北村亜衣役に田中麗奈、彬の弟・階堂龍馬役には連続ドラマW初登場の賀来賢人、一磨の弟であり、東海旭商会・社長の階堂晋役に木下ほうか、東海旭観光・社長で晋の弟、階堂崇役に堀部圭亮、産業中央銀行の彬の同僚・水島カンナ役に連続ドラマW初登場の瀧本美織、産業中央銀行・融資部長の羽根田一雄役に永島敏行、亜衣の父・北村利夫役に尾美としのり、とエリート家系の階堂家の面々、苦難の道を歩む瑛を取り巻く人々、産業中央銀行に勤める者達など物語の重要な人物が明らかとなり、池井戸潤・原作を最速でドラマ化する異例の作品に豪華なキャスト達が集まった。

なお、原作『アキラとあきら』は連載時の原稿へ大幅な加筆修正を加え、5月17日(水)に徳間文庫から刊行される。

本作について小泉は「向井君、斎藤君が演じる2人のアキラの理解ある上司役として、安堂という役を頂いたことに大きなやりがいを感じています。大きな組織の中で悩み、葛藤しながら生きていく前向きな2人のアキラを支えたい!という一心で撮影に臨んでいます。池井戸さんの爽快で人が持っているエネルギーを感じられる世界観が素晴らしいです。2人の良き上司として存在出来る様に頑張ります」とコメント。

田中は「WOWOWの連続ドラマは、以前『LINK』という作品に参加して以来です。この出演がきっかけでWOWOWに加入し撮影が終わってからも、一視聴者として親しんできました。いつでも媚びない独特の世界観を発信しながらも視聴者を魅了していく作品作りは、演者側からとしてもとても魅力的です。そんなWOWOWのドラマの世界に再び私も参加出来る事、大変嬉しく思っています。銀行員としてではなく二人のあきらのそれぞれの違った人間性を、視聴者の皆様により分かりやすく伝えるために亜衣が存在出来ればと思います」とコメント。

松重は「僕がになっているのは、昭和パートなのでその空気をうまくだせるよう心掛けています」とコメント。

石丸は「池井戸潤さんの新作ドラマと伺い、『今度はどんな役だろうか? またもや強烈な悪役か、それとも身を投げ打ってでも会社を守ろうと奔走する熱血漢か? と、大きな期待と小さな不安を抱いて配役を聞いた。主人公のひとり、彬の父親役。どちらかといえば後者であった。少し安堵し、『彼なりの正義を持って、この作品に向かおう』と思った」とコメントしている。

<関連サイト>
向井理「(斎藤工は)変な人だなって思ってた(笑)」
http://www.entameplex.com/archives/35506

磯山さやかのパイスラにおぎやはぎ興奮「さわりた~い」
http://www.entameplex.com/archives/36133

波瑠「がむしゃらに恋をしてボロボロになるつもり」
http://www.entameplex.com/archives/36124