Entame Plex-エンタメプレックス-

キアヌ扮する伝説の殺し屋ジョン・ウィックがカムバック


2015年に日本で公開され、スマッシュヒットを記録した映画『ジョン・ウィック』。銃とカンフーを融合したアクション“ガンフー”が話題を呼び、キアヌ・リーブス演じる最強の殺し屋:ジョン・ウィックの復讐劇に全世界が熱狂した。
そんな待望の続編となる『ジョン・ウィック:チャプター2』が7月7日(金)より公開となる。

今作は2月に全米公開されるやいなや、前作の2倍以上の成績(約3千万ドル=約30億円)を上げる大ヒットスタート! さらに僅か8日間で驚異の前作トータル興収(前作総興収約4.3千万ドル(589館))超えの約4.6千万ドルといったジョン・ウィック旋風を巻き起こしている。

前作では共に暮らして愛犬を殺され、怒り心頭で復讐劇を果たしたジョン、今作では新たに迎えた愛犬と穏やかな日々を過ごすと思いきや、家をバズーカで破壊され新たな怒りに震える! ガン・フーで次々と敵をぶっ倒していく痛快アクションは健在。全世界の殺し屋を敵に回したジョンのワールドクラスの復讐劇が再び幕を開ける。

キアヌは「本作は前作の5日後から始まるんだ。ジョンは彼の妻からの手紙が入った車を取り返そうとする所から物語は始まっている。前回からの流れはあるが、前作を観ている人にも、観ていない人も楽しめるように特に意識をしたよ」と語る。

近接戦闘アクションに特化したアクションシーンでは、全世界の殺し屋とのバトルロワイヤル開始とばかりに地下鉄での肉弾戦から鏡張りの部屋、さらにはパーティー会場で華麗に敵を打ち殺していくシーンといった、前作以上の激しい闘いのオンパレード。

公開された場面写真では、前作に引続き登場した車修理工場の店主 オーレリオ(ジョン・レグイザモ)や「コンチネンタル・ホテル」のマネージャー シャロン(ランス・レディック)、そして殺し屋組織コンチネンタルのドン ウィンストン(イアン・マクシェーン)の姿が。他にも本作でシリーズ初登場となるジョンを追い詰めるエリート殺し屋カシアン(コモン)、『バイオハザード:ザ・ファイナル』や『トリプルX:再起動』で鮮烈な印象を残したルビー・ローズ演じる聾唖の殺し屋アレスの場面写真が解禁に。また中でも目を引くのが、キアヌ最大の出世作『マトリックス』シリーズで共演したモーフィアスことローレンス・フィッシュバーンの姿。本作ではニューヨークでホームレスを装いながら独自の組織を束ねるキングを演じており、ジョンとの関係にも注目が集まる。

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』は、7月7日(金)より、TOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開。

©2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. ©Niko Tavernise

<関連サイト>
柳楽優弥の差し入れが豪華すぎる!
http://www.entameplex.com/archives/36366

ざわちん、菜々緒のものまねメイク披露に「ハンパない!」
http://www.entameplex.com/archives/36281

バナナマン日村の鼻フック姿に「綺麗だよ」
http://www.entameplex.com/archives/36351