Entame Plex-エンタメプレックス-

「はいからさんが通る」新作劇場アニメとして前後編で復活


大和和紀による少女漫画「はいからさんが通る」が新作劇場アニメーションとして前後編で復活することが決定。このたび、劇場版「はいからさんが通る」前編の新キービジュアルが解禁となった。

「はいからさんが通る」は、1975年~1977年まで「週刊少女フレンド」(講談社)にて連載。1978年にはテレビアニメシリーズ(全42話)が放送され、劇場実写映画(1987年公開/主演 南野陽子・阿部寛)、テレビドラマ(1979年、1985年、2002年)などこれまで多くのメディアミックス展開がされてきた。

今回解禁となったキービジュアルは、袴姿に身を包んだ紅緒、軍服を着た少尉の姿が!
時は大正。女学校に通う花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている花の学園生活を送る紅緒だが、そんな中偶然に出会った謎の美青年。実は彼が祖父母の時代から決められていた紅緒の許婚、伊集院忍少尉であることが発覚。はたして紅緒と少尉は無事惹かれあうのか……恋愛漫画の名作「はいからさんが通る」が時を経て劇場版アニメーションとして復活。なお、後編では旧テレビアニメシリーズでは未完となった原作のラストエピソードまでを初、完全アニメ化。

また、前編の主題歌が、紅緒の声優を務める早見沙織の新曲「夢の果てまで」に決定。本楽曲の作詞・作曲を竹内まりやが担当する。

竹内は「時代を超えて愛されてきた名作『はいからさんが通る』。その映画主題歌を提供する光栄に恵まれたことに感謝いたします。主人公の紅緒そのものになった気持ちで書き上げたこの歌は、早見沙織さんの透明でまっすぐな声にぴたりとはまりました。現代を生きる女性たちへの心のエールになれば幸いです」とコメントを寄せている。

劇場版「はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」は、11月11日(土)公開。
劇場版「はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~」は、2018年公開予定。

©大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

<関連サイト>
キンコン西野「とても気持ち悪い」コメンテーターに反論
http://www.entameplex.com/archives/36849

LinQ・伊藤麻希&仮面女子・坂本舞菜が公開処刑に!?
http://www.entameplex.com/archives/36837

夢アド京佳「今世紀最高のおっぱい!」と読者絶賛
http://www.entameplex.com/archives/36689