Entame Plex-エンタメプレックス-

永作博美の女優論“助けられることがあるかどうか”


直木賞作家・佐々木譲の初の法廷小説をドラマ化したWOWOW「連続ドラマW 沈黙法廷」(9月24日放送スタート)で連続殺人事件の容疑者という難役に挑んだ永作博美。

女優としてのキャリアは言わずもがなの彼女が魅せる悪女とも淑女ともとれる二面性を秘めた表情に、きっとラストシーンまで翻弄され続けるに違いない。
現在、撮影真っ只中(※取材時)という永作に、本作の見どころはもちろん、難役と向き合って感じたことなど、いろいろと話を聞いた。

――脚本を読んだ印象はいかがでした?

「演じるのがとにかく難しいだろうと思いましたね。私に務まるのだろうか……と思いながらも、今まで演じたことのない新しくて際どい“挑戦”だなと感じました」

――緩急のない女性を演じるのはとても難しいとコメントされていましたが。

「普通に喋るということがこんなに難しいんだ……って。取り調べのシーンでは事実だと言っていることに何度も同じ質問をされて、何度も繰り返し話している過程の中で、変化があるのかないのか分からない。私は真実をずっと話しているんだけど、捉え方によってはどことなく怪しく見えてきたりすることが自然と起こるわけで……。今も撮影をしながら闘っています」

――今回のようにシリアスな作品だと役を引きずることはないですか? いつもオンオフはどのようにしてます?

「幸い引きずられることがまったくなくて。家に帰ったら山ほどやることがあるので、何のスイッチも関係もなく切り替わります。家では一切台本を読まないですし、というか読めない(笑)」

――監督からはどんな声を掛けられましたか?

「最初にお会いしたときは『毎日美紀のことを考えて、ずっと悩んでいます』と仰っていました。台本がまだ完成していないときだったので、頭をフル回転させているような状況でしたね」

――観る者をミスリードしていくような部分も多かったと思います。現場でどのように作り上げているのでしょう?

「実際に演じてみないと分からない部分も多くて“こっちのほうがいいですか?”とか現場で監督と確かめ合いながら一緒に作っているような感じです」

――自身が演じた山本美紀という女性にどんな印象を持ちました?

「可哀想な人だなと。いろんな出来事が自分の身に起きてしまう。自分の運命を恨むでもなく、“自分はそういう人なんだ”“自分はそういう境遇で生まれてきたんだ”と感じているような女性だったので、本当は前に進みたいんだけど歯止めをかけてしまう……人だなと思いました」

――演じていく中でその印象は変わっていきましたか?

「原作を読んだときもそうでしたけど、美紀の意思があまり感じられなかったというか、どうしたいのかが分からなかった。台詞が少ないぶん、その一言をどんな声やトーンで、どう発していいのか怖かったです。でも、この人の中にもきちんと考えがあって温かい血が流れているんだというのを後半では感じていただきたいと思っています」

――この作品が“人との距離の取り方”について考え直すキッカケになったら嬉しいとコメントされていましたが、自身が考えさせられたことはありました?

「まず人に対する先入観を考えさせられました。そういったものを排除しているつもりでも、周りに『ああなんだよ』『こういうことらしいよ』って言われると“へぇ、そうなんだ……”って潜在意識のように残っていくというか。きっとそれが積み重なってリアルになっていってしまうことがあると思うと、普段人と話すことや感じることを正確にジャッジしていきたいとより一層思います」

――市原隼人さん演じる弘志とのキスシーンで「私でいいの? 後悔するよ……だって私……」と言いかけたところでキスで塞がれましたけど、演じた永作さんはその先なんて言おうとしたと思います?

「私の中では一応考えてあって。もし、(キスの)タイミングが遅れたら言っちゃおうかなぐらいの感じだったんですけど、言わないです(笑)。それは観ていただく皆さんに想像してもらいたいので」

――美紀は弘志と出会ったことで、幸せな時間が流れていましたよね。

「弘志との出会いは、この世にいながら天国を感じたんだと思います。こんなに感情を揺さぶられて、温かい気持ちになることがあると気付けて。でも美紀は自分の不運を背負っているので、余計なことを考えてしまって幸せに踏み出す勇気が持てない。だから愛する人にこれ以上迷惑をかけたくないという精神状態にどうしてもなってしまうんですよね」

――弘志が一番印象に残っているのは、真っ直ぐに生きてきた美紀の手だと。永作さんは人のどういうところを見ますか?

「弘志のように手を見て思ったとか、そんな素敵な記憶はないですけど(笑)。昔だったら、“一回会って話せば大体分かる”って不遜なことを言ってたような気がします。でも、今は人というのは複雑だなと思うし、十人十色と言いますけど誰一人同じ人はいないというのを、年齢を重ねるたびに思い知らされますね」

――40代になって変わったことや意識していることはありますか?

「40代も忙しいんだなって(笑)。でも、それって幸せなことですよね」

――もっと緩やかなイメージでした?

「もうちょっと大人になってるかと思ってたけど、あまり変わってないかな。でもこういった作品に携わることでいろいろと考えさせられますし、私たちはやっぱりいただく役で成長させてもらっているところもあると思うので、そういう意味では楽しませてもらっています。いつも難しい役を振ってくださるのでやり甲斐を感じています」

――難役ほど燃えると。

「役は縁だなと思う部分もありますが、一番のポイントは自分が演じることで助けられることがあるかどうか。それがあると思える役はやりたいなって」

――それは前からですか?

「若いときは演じることに必死で、そこまで感じることがなかったです。30過ぎたくらいかな……“このままじゃ何かちょっと違うような気がする。私何やってるんだろう”と思って。何でこの仕事をしているんだろうと真剣に仕事の意味を求め出したときにそういう考えになっていったかな……」

――永作さんの思う本作の見どころは?

「新しい形態のお話になっていると思いますし、すごく些細なところを細かく汲み取ろうとしている作品です。新しいアプローチや挑戦をしている作品なのでそこを楽しみに観てもらえたら嬉しいです」

――法廷シーンはこれからのようですね。

「すごく長回しのシーンがあって大変そう(笑)。法廷を題材にした作品はたくさんありますけど、法廷シーンも見どころになると思います。これからなので頑張ります」

――撮影が楽しみですね。

「作品のクライマックスですからね。美紀の真相というか、彼女が初めて話し出すところなので、ドキドキしていますけど、すごく楽しみです。やっと喋れるって(笑)。法廷のシーンにも注目してほしいですね」

WOWOW「連続ドラマW 沈黙法廷」は、9月24日(日)夜10時より放送スタート!(※第1話は無料放送)

<関連サイト>
難役でみせる永作博美の表情に注目!メイキング映像解禁
http://www.entameplex.com/archives/39066

ロンブー田村淳、特番で“人生を賭けた”重大発表!
http://www.entameplex.com/archives/39073

“カトパン似”ポッチャリ芸人のダイエット企画が始動!
http://www.entameplex.com/archives/39021