Entame Plex-エンタメプレックス-

『オオカミくん』宇佐卓真が騙す葛藤明かす


AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー『太陽とオオカミくんには騙されない』に出演する俳優の宇佐卓真が14日、オフィシャルブログを更新。
最終回で自身が“オオカミくん”であると明らかにしたことを受け、これまでの心境について語った。

同番組は、本気で恋をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちて行くまでを追いかける恋愛リアリティーショー。しかし、イケメン男子の中には、嘘をついたり、好きでもないのに好きなフリをしてちょっかいを出したりと、女子高生たちの恋を邪魔する“オオカミくん”が最低でも1人混ざっている。

最終回で“オオカミくん”であることを明かした宇佐はブログで「初めて会った時は、みんなは真剣なのに自分は役目を果たすために。なんか気まずいな。なんて思ってて。でも、実際に撮影の中でみんなといろいろなとこに行って、いろいろな経験をして騙さないといけない僕はいつしか楽しんでました」と撮影を振り返った。

また、「過去のシリーズも見てきましたが、オオカミをする人に対して、騙してたのか。。。っていう感情が多かったけど、いざ自分がなってみてオオカミの人も意外と悲しかったりすることも多くて、情けをかけて欲しいとかじゃないけど、ほんと辛いことも多かったです」と、“オオカミくん”として出演者を騙さなければいけなかった苦悩を明かした。

さらに、「オオカミくんメンバーとスタジオの皆様、視聴者の方々を騙してしまったのは本当に申し訳ないと思っています。」と謝罪の言葉をつづり、宇佐に告白を行った「ひかり」こと歌手の黒木ひかりについては「僕自身オオカミという役目を忘れて素で楽しんでしまったことが多かったです」と明かした。

続けて「歌をつくって、一緒に歌った時に最後に『好きです』って付けてくれた時は、自分がそれを言っていいのかわかりませんでした。でも、オオカミだったけどそれでも、この夏はひかりちゃんと2人の。オオカミくんメンバー9人との最高の夏でした。最高の思い出です。本当にありがとう」と感謝の言葉をつづった。

宇佐は最後に「この番組に参加して、オオカミとして参加したけど楽しかったり悲しかったり笑ったり泣いたり全てが嘘ではありませんでした。この9人で、本当に良かったです」とつづって9人で撮影した集合ショットや、黒木ひかりと二人で見つめ合っている写真、9人で肩を組んでいる写真などを公開し「ありがとうございました。これからも応援していただけると嬉しいです」とブログを締めくくった。

この投稿に「たくまくんも辛いことたくさんあったと思います。本当におつかれさまでした!これからも頑張ってください応援してます」「ほんとにほんとに最初から最後までたくまくんを人として尊敬していました。」「たくさん感動とかキュンキュンとかもらった!終わったのがすごく寂しい。最高の夏をありがとう」など、ファンから多数コメントが寄せられた。

<関連サイト>
『オオカミくん』最終回、めるる&ふみやの結末に号泣!
http://www.entameplex.com/archives/46061

Dream Ami、『オオカミくん』で拍手喝采した歌とは?
http://www.entameplex.com/archives/45963

飯豊まりえ『オオカミくん』に感動「恋が愛に変わった」
http://www.entameplex.com/archives/45724