Entame Plex-エンタメプレックス-

細川ふみえが涙!生タマネギ丸かじりグラドルに感動


AbemaTVのレギュラー番組『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』#6が、12月8日に放送された。

『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』は、大人気アイドルグループの活躍や、バラエティ豊かなセクシー女優の登場により、徐々に活躍の場が減少し、まさに“苦境”に立たされている「グラビアアイドル」たちを救うべく、様々なテーマに基づいた
“グラドルコンテスト”を開催し、グラビアアイドルの原石を見つけ出すスター発掘番組だ。コンテストのテーマには自らの特技を生かせるものから、生まれ持った個性で競うテーマも用意され、グラビアアイドル達の様々なアビリティ(能力、特技、才能)を開花させるコンテストを予定。各コンテストでグランプリを獲得したグラビアアイドルには、自身のプロフィールに輝かしい経歴として加えることができ、ブレイクのきっかけとなる“称号”を獲得することができる。

この日の放送回では、応募数162人の中から、厳選なるオーディションによって選ばれた8人がスタジオに集結し、日本一根性があるグラドルを決定する「全日本ど根性グラドルコンテスト」の模様をお届け。1回戦では、8人が1人ずつ“ど根性アビリティ”を披露する「フリースタイルど根性」バトルを開催。採点順位の下位4人が、この1回戦目で脱落する。今回のゲストには、元グラビアアイドルの細川ふみえと、週刊プレイボーイ編集部の石橋太朗が登場。運営委員長のケンドーコバヤシと一緒に、大会運営委員として、グラドルの“ど根性アビリティ”を採点した。

トップバッターの“徳島のフルボッコマシーン”こと、元ヤンキーグラドルの小林ひろみが披露したアビリティは、熱々のおでんを素手で食べるという「熱々おでん早食い」。ケンドーコバヤシは92点と評価し、「本当は100点近くあげてもよかった。でもグラビアアイドルとして食べてる間、可愛くなかった!」とコメントすると、スタジオでは開始早々笑いが起こった。続いて、“下町のど根性天使”こと相良朱音は「おばさんになってヤンキーかぶれてる奴には負けたくない!」と、トップバッターの小林への敵対心を露わにしながら登場。辛さがタバスコの40倍という“デスソース”の「ショット一気飲み」というアビリティを披露し、282点という小林より高い点数を獲得した相良は、「やったー!ヤンキーに勝ちました!」と喜びをあらわにした。

しかし、そんな相良の様子を見ていた小林は、その発言に対し、「1回喧嘩していいですか?」と怒りのコメント。バトル勃発寸前の中、ケンドーコバヤシは「喧嘩はやめてね!」と仲裁に入り、本番組のMCを務める、お笑いコンビ・麒麟の川島明も「また違うジャンルでやって下さい」と答え、会場は早くも白熱した雰囲気に包まれた。

さらに、“ガイアナ共和国と愛知県のボーダレスど根性グラドル”こと牧野紗弓は、「ゲテモノ食い」のアビリティとしてタランチュラの姿焼きを笑顔で完食。牧野が「頭の部分に糸が沢山詰まってて、ムニュムニュしてて」とコメントすると、川島さんは「こんな嫌な食レポ初めて!」とツッコミを入れ、スタジオには大爆笑が起こった。そんな中、“現役女子大生ドMグラドル”の高梨瑞樹が披露した「生タマネギ食い」のアビリティでは、玉ネギが苦手な食べ物であるにも関わらず、一心不乱に食べる高梨を見て、「嫌いなものを食べるのにね、ここまでガッツを見せてくれてね、感動しました。胸を打たれました」と、細川が涙を流してコメントし、スタジオを驚かせた。

さらに、 “フルヌードヤンキーグラドル”こと、あさいあみは、「洗濯バサミを体中に10個付けて、その10個をケンコバさんに引っ張ってもらいたいと思います!引っ張った瞬間、私はノーリアクションでいます」と自身のアビリティを説明し、鼻や、唇、耳、さらにグラドルにとっては禁断のバストトップなどに洗濯バサミを挟み、ケンドーコバヤシに引っ張ってもらうことに。すると、本当にあさいは痛そうな素振りを一切見せず、ノーリアクションをキープ。そんなあさいの姿にスタジオからは驚きの声があがり、ケンドーコバヤシはこのアビリティに対して100点満点の評価をし、審査員の合計点数も今回の最高得点となる296点を叩き出した。全ての審査を終え、第2回戦に進出することが決定したのは、あさいあみ、白川未奈、牧野紗弓、相良朱音の4名。

第1回戦から“ど根性”たっぷりの激しいバトルを繰り広げた「全日本ど根性グラドルコンテスト」の様子は「Abemaビデオ」限定で視聴が可能なので、ぜひチェックを。

そして次回、12月15日(土)の放送では、「全日本ど根性グラドルコンテスト」の後半戦を開催!ビリビリマシンの電流で、体の自由を奪われながらの“ジェンガ対決”や、1回戦で敗退となったグラドルたちの“敗者復活戦”を行うなど、目が離せない『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』の放送は、12月15日(土)深夜0時から放送。お見逃しなく!

©AbemaTV

<関連サイト>
Iカップグラドルvsケンコバの百人一首勝負でポロリ寸前
http://www.entameplex.com/archives/46796

ケンコバ絶賛、童顔Hカップの“歌えて挟めるアイドル”
http://www.entameplex.com/archives/46571

ケンコバ、グラドルたちの舞台裏「熱い戦いでビックリ」
http://www.entameplex.com/archives/46360