Entame Plex-エンタメプレックス-

新宿二丁目のXmasに36時間密着!魔法の言葉「MRMR」とは


1月27日、AbemaTVのレギュラー番組『給与明細』#38が放送された。
怪しくも稼いでいる人や仕事に斬り込みその給与を暴く番組『給与明細』がAbemaTVで復活。番組のストーリーテラーは、テレビ東京で放送していたときと同様にテリー伊藤が務める。

「この人はなぜ高級車に乗れるんだろう?」「オタクはなぜあんなにお金を持っているんだろう?」「この高収入な求人広告は一体どんな仕事なんだろう?」 YouTuber、インフルエンサー、インスタグラマー、パパ活女子にロー活女子。時代とともに生まれては消える仕事や人…この番組は、そんな仕事のウラを暴く「人の財布に首を突っ込む経済番組」。

この日の放送回では、“世界有数のLGBTタウン”新宿二丁目の聖なる夜に、36時間完全密着した模様をお送りした。

新宿二丁目の歴史は古く、1960年代半ばから徐々にLGBTが集い、独自の文化を作り上げてきたという。平成最後のクリスマス、新宿二丁目では一体どんな熱い夜になっているのか!?

午後8時、新宿二丁目のゲイバー「カマカマリーナ」を訪れると、店内には女性客がチラホラ。お客の女性に話を聞くと、「友達に誘われて、たまに相席屋とかに行くんですけど、つまらなくて。クズみたいな男しかいないから、二丁目の方が楽しい。下ネタ言ってる方が楽しい!」と、ストレス発散のためにゲイバーに来ていると話した。

また別の店では、兄弟でゲイバーを楽しむ兄と妹の姿も。話を聞くと、「たまたま店で鉢合わせした」と言いい、兄弟揃って、この店の常連のよう。番組の調査によると、新宿二丁目は最近、“ノンケ客”(異性が恋愛対象のLGBTではない人)が増加傾向にあり、以前に比べ気軽に楽しめる街に変貌していた。

その後も街行く人にインタビューを続け、時間は午前1時。するとカメラの前を通りかかり、興味津々な様子の若者を発見。話を聞くと、出会いアプリを使い、ある男性と待ち合わせをしていて、ここで待っているとのこと。その若者は「魔法の言葉があるんです。“MRMR”という言葉があって、この魔法の言葉を(出会いアプリで)打ち込むと、『ご飯を食べませんか?』と(誘いが)くる。(その意味は)“ムラムラ”」と、出会いの確率が上がる方法を、番組スタッフに明かした。

また番組は、新宿二丁目で働くため上京してきた、ゆうやの“ニューハーフバーの面接”にも同行。面接の前に、女装サロンでプロにメイクをしてもらい、フェミニンなオトナ系女子に変身したゆうやは、人生初の新宿二丁目の店の面接へ。店のママに迎えられ、いよいよ面接がスタート。ママは「(志望動機に書いてある)“自分を捨てる”だけど、捨てるってことは、覚悟がないといけない訳よ。その覚悟があるのかをまず聞きたい。中途半端にはダメ!ニューハーフになるならば、生半可ではニューハーフにはなれない!」と、面接開始早々、ママの怒涛の勢いに、「はい」と返事をするのが精一杯のゆうや。果たして、面接の結果は!?

その他、クリスマスの夜にインタビューを行った新宿二丁目の様々なゲイバーの様子は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で、放送後7日間無料で視聴できるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
初代ミニスカポリスが“キャットファイター”に!
http://www.entameplex.com/archives/47713

3日で3億稼ぐ!?日本一のキャバ嬢のBDイベントに密着!
http://www.entameplex.com/archives/47049

ほぼ全裸で混浴、豊満ボディ“しずかちゃん”とは?
http://www.entameplex.com/archives/45599