Entame Plex-エンタメプレックス-

板野成美の発言におぎやはぎ「メンヘラ系なんじゃ…」


AbemaTVのレギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#107が、4月1日夜9時から放送された。
同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

この日の放送は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”にグラビアアイドルの久松郁美、自称“ブス”メンバーに、SKE48の須田亜香里、女優の板野成美が出演。

最初のテーマ「“あっ私のことだ”ブスが刺さった歌詞」では、出演者たちに、思わず共感した歌詞について聞いた。すると板野は「あいみょんさんの『貴方解剖純愛歌』という凄い曲があるんです。歌詞が結構エグいんですけど、サビがまず“死ね”で始まるんです。(曲の)初めも“あなたの両腕を切り落として、私の腰に巻き付ければ、あなたはもう二度と他の女を抱けないわ”という束縛する女の子の歌詞。ちょっと分かるじゃないですか?“それぐらい好きだったら浮気されないように”みたいなのは(気持ちが)分かっちゃう」と話したところ、これを聞いた矢作は「それに共感できるの?もしかしてメンヘラ系なんじゃないかな…。ちょっとヤバイな」とコメント、小木さんも「怖い」と引いてしまう一幕も。

またテーマ「ブスが捨てた男」では、出演者たちに男性を振った経験について聞いた。自称“ブス”メンバーから「誕生日にお母さんの選んだタオルをプレゼントしてきた」などのエピソードが語られる中、“美人コメンテーター”として登場した久松も「特に(男性を振った)経験はないんですけど、“この人無理だな”と思ったのが、1円単位で割り勘する男。ご飯を食べに行っても『3,325円ください』とか、映画館のレディースデーで女性の方が安いのに、それをちゃんと2つに分けるとか。割り勘は全然いいけど、こういうのはムードが壊れるし嫌だなと思いました」と告白。

これに矢作が「(その男性は)税理士さんとかじゃない?」とツッコミを入れ、スタジオに笑いが起きた。

その他、須田と板野が明かした“やめて欲しいと思う男性の行動”は、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」で無料で楽しめるので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

<関連サイト>
SKE48須田亜香里 ブスメンバーと「一緒にされたくない」
http://www.entameplex.com/archives/48704

熊切あさ美に「顔は小さいけど“恋愛ブス”」の声
http://www.entameplex.com/archives/48560

「Hの最中に変顔」おぎやはぎ矢作“男性あるある”告白
http://www.entameplex.com/archives/48328