Entame Plex-エンタメプレックス-

いとうせいこう、金田朋子のラップバトルを高評価!


AbemaTVは28日、『声優と夜あそび【火:金田朋子×木村昴】#41 いとうせいこうがゲストに登場!』を放送した。

本放送では、「ゲストてんこ盛りスペシャル月間」の一環としていとうせいこうがゲスト出演。いとうの経歴を紹介する「で、結局いとうせいこうさんって何者?」や、木村と金田がフリースタイルのラップバトルをする「フリースタイルカネダンジョン」などのコーナーを行なった。

本放送にゲストとして出演したいとうは、編集者、タレント、小説家、作詞家など幅広い分野で活躍しており、日本におけるヒップホップシーンの黎明期を牽引した“日本語ラップの父”と呼ぶべき人物。MCの木村がいとうと中学生から付き合いのあることは以前に番組で明らかにしていたが、なんと金田もかつていとうが参加していたバンド「口ロロ(クチロロ)」で歌っていたことが発覚。「ちゃんと喋るのは初めて」といいつつも、金田の自由なトークにいとうの鋭いツッコミが冴えわたる、軽妙なトークが繰り広げられた。

「で、結局いとうせいこうさんって何者?」のコーナーでは、雑誌『ホットドッグプレス』の編集者時代に企画した「業界くん物語」や、日本語ラップの歌を多数収録したアルバム『建設的』を作った当時の思い出を語った。そして話題が木村との出会いへ移ると、いとうが正月に自宅で開催していた新年会へ、当時まだ中学生だった木村が知り合いの紹介で参加したことが発端だったと語る。そこでボイスパーカッションを披露した木村に、会に参加していた名だたるラッパーの注目が集まったことや、いとうがラップの曲が収録されたレコードを勧めたことなどを明かした。木村にとっていとうはまさに“恩師”であり、いとうにとっては子供の頃から知っている生徒のような存在。そんな木村が MCを務める本番組に出演したいとうは「こんな風に共演したことないから、いま目が合っちゃって恥ずかしいの!」と照れ臭そうに告白。「なんだよ昴よ~、なに真面目に進めているんだ!子供だったくせに!」と笑いながら、成長した木村の様子に目を細めていた。

放送の後半では火曜日の名物コーナー「フリースタイルカネダンジョン」も実施。金田と木村でフリースタイルのラップバトルを繰り広げるコーナーに、いとうが審査員として参加。師匠の前で気合十分の木村だったが、金田の気ままなラップに飲まれ撃沈。いとうは「(木村が)飲まれちゃってるもん、話にならないよ!」「アンサーになっていないけど、(金田は)ちゃんとアンサーしているんだよね」と金田のラップを評価した。

エンディングでは「なにも振り返れない!なんか喋ってたら終わっちゃった」といとう。しかし「でも楽しかったです!」と番組を振り返り、愛弟子である木村との生放送を終えた。

©AbemaTV

<関連サイト>
金田朋子&木村昴、新年“おめで鯛”パーティーを開催!
http://www.entameplex.com/archives/53827

ももクロ・百田夏菜子“似ている!?”金田朋子と意気投合
http://www.entameplex.com/archives/53393

金田朋子&木村昴、夢は「来年みんなでアトランタ」
http://www.entameplex.com/archives/52730