Entame Plex-エンタメプレックス-

水木一郎アニキ「夜あそびしようゼーーット!」


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は15日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 金【関智一×森久保祥太郎】 #26』を配信した。
「声優と夜あそび 新春ゲストSPウィーク」の最終日となる本配信には“アニソン界の帝王”水木一郎がゲストとして出演。数々の名曲を披露したほか、水木の思い出を語ってもらう「10ミニッツトーク!アニソン50周年DX版!」や、ダミーヘッドマイクでさまざまなシチュエーションの「ゼット!」を叫ぶ「ダミヘンガー!」、森久保のギターで水木が歌う「アニソン50周年×夜あそびSPコラボ!アコギンガーZ」などのコーナーを行った。

本配信にゲストとして出演した水木は、今年アニソン歌手活動50周年となる、アニソン界の大ベテラン。スタジオに登場するや否や『ルパン三世 愛のテーマ』『愛を勝ちとろう』『バビル2世』を立て続けに熱唱すると、関と森久保から大きな拍手が。

多くのファンから“アニソン界の帝王”や“アニキ”と呼ばれ、尊敬されている水木だが、その物腰はとても穏やかで、サービス精神も旺盛。ダミーヘッドマイクでさまざまなシチュエーションの「ゼット!」を叫ぶ「ダミヘンガー!」のコーナーでは、関と森久保にシチュエーションをリクエストしたり、自ら「箪笥の小指に指をぶつけた」シチュエーションで「あっ、痛ィゼット!」と叫んだり、ダミーヘッドマイクの特性を活かした「遠くから少しずつ近づいてくる」シチュエーションで「ズェーット……ゼット……ゼット!」と叫んだりと、ダミーヘッドマイクを使う機会をとても楽しんでいた。

「アニソン50周年×夜あそびSPコラボ!アコギンガーZ」のコーナーでは、森久保のアコースティックギターに合わせて名曲『マジンガーZ』を熱唱。緊張した様子の森久保に冗談を飛ばしつつ、「ありがとう!」と拍手を送った。さらに、配信の最後には、新曲『ロボミの歌 ~GRANBLUE FANTASY~』を熱唱。人気スマートフォンゲーム『グランブルーファンタジー』のイベントテーマである本楽曲に、イベントのメインキャラクター・シロウ役で出演している関も参加。水木の生歌に関の生セリフを合わせたスペシャル版を披露し、視聴者も「熱すぎる!」「うぉぉ!たまらない!」「アニキ最高!」など盛り上がりを見せていた。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488