Entame Plex-エンタメプレックス-

浪川大輔&石川界人、“ローションロケ”反省会も!


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は25日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 木【浪川大輔×石川界人】#35』を配信した。
『声優と夜あそび2020』木曜の最終回となる本配信では、第1回配信での企画に再チャレンジした「1年間の成長を確かめよう!」や前回(#34)の月曜MC・安元洋貴、仲村宗悟との合同ロケを振り返る「ご褒美ロケ大反省会!」などのコーナーを行った。

本配信は、『声優と夜あそび2020』木曜日の最終回ということで、2人の1年間の成長を確かめる「1年間の成長を確かめよう!」を実施。今では息ぴったりの2人が、1年を振り返りながら、第1回配信の企画に再挑戦した。コンビ仲がどれくらい成長したのか確かめていく……という趣旨だが、裏にはどれくらい、より“面白くできるか”というスタッフの魂胆が。バラエティ力の成長も試されるこの企画に気合充分の2人は、早速「ホメ殺しゲーム」や、「万歩計30秒ダッシュ対決」「1人ジャンケンあいこにならずに何回できるか対決」といったゲームに挑戦する。

「1人ジャンケンあいこにならずに何回できるか対決」では、第1回の配信で高記録を出した浪川へ期待が向けられる。1人でじゃんけんし、右手と左手で違うものを出すという、意外と難易度の高いゲームにまずは石川が挑戦。慎重にゲームを進めるが、途中から顔芸に移りふざけ出す石川。前回と同じ結果に、浪川が「自分に飽きたなと」とすかさずツッコミを入れた。続いて、浪川が挑戦。「できなかったら老化がすごいよね」と自分にプレッシャーをかけたが……結果は散々。前回よりかなり下がった記録に老化を感じショックを受ける浪川だが、“バラエティ”的には面白い結果に。石川は爆笑しつつも「ちゃんと時を経てきたんです。歳を重ねたんです」と優しく(?)フォローした。

また、前回(#34)の月曜日との合同ロケではしゃぎすぎてしまった2人に、問題はなかったか反省をしてもらう「ご褒美ロケ大反省会!」を実施。「全身打撲みたいな。経験したことない感じの“ローション痛”になった」「スタッフが用意してくれたおそろいのパンツ履いて帰ったね」「男4人で風呂入ったじゃん?」など仲良し(?)エピソードを交えた裏話を語る。さらに、前回のダイジェストを見ながら振り返る2人は、「浪川さんのコケ方、見事すぎません!?」「バカバカしい~」「これおもしろ!」と改めて見てもやっぱり面白い映像に自画自賛する結果に。「反省するとこなどなかった」「素晴らしいご褒美でしたね」とドロドロになりつつも楽しかったロケに大満足な様子。

番組も終盤に差し当たり「やべー終わりたくねー」「CMやったら終わりへと向かうんでしょ」とふと本音を漏らす石川。「この1年浪川さんに楽させたいとか、一緒に楽しみながらバラエティできたらっていうか。若手と絡むのは大変なことばかりじゃないですよっていうことをできたらと……どうでしたかね」と思わず涙目になる石川に、浪川は「あれ~ちょっと~~?」といじりつつも優しく微笑み、「界人のいいところをよく知れたし、僕のことをうまく扱ってくれた。結果いろいろ助けてもらったな」「視聴者の皆さんとスタッフの皆さんと我々と作り上げた番組だったなと思いましたね」と感謝を伝えた。

寂しさを見せるシーンもある中、最後にはいつもの明るいテンションで、「またどこかでお会いしましょう!」「1年間ありがとうございました~」と笑顔で締めくくった。

また、4月3日(土)に『声優と夜あそび 新シーズン情報解禁特番』の配信が決定したことも発表された。本配信では、『声優と夜あそび』新シーズンの体制が明らかに! どうぞお見逃しなく。

©AbemaTV,Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488