Entame Plex-エンタメプレックス-

小松未可子&上坂すみれはゲーム三昧、年末年始トーク!


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は12日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 水【小松未可子×上坂すみれ×徳井青空】#34』を放送した。

本放送は、徳井が期間限定MCに再就任して初めての放送。さらに、約2週間ぶりの“夜あそび”ということで、オープニングからフリートークで盛り上がった。まずは、年末年始の過ごし方についての話題に。「年越しそば食べた!」という小松と上坂だが、徳井は食べ損ねてしまったとしょんぼり。また、年越しも仕事の移動中に迎えたという徳井。しかし、仕事終わりの早朝におせちを食べながら初日の出を迎え「今年が始まった~って、すがすがしい気持ちだったのでベランダで仁王立ちしました」と元旦を満喫できたことを話した。

一方で上坂は「『スーパーロボット大戦』で遊んでいたら、3時になっていて…」とゲームに夢中になっていたことを明かし「年越しの瞬間ジャンプでもしておけばよかったな…」と後悔。小松はこたつに入って寝そべり「家でずっとこんなんだったもん」と家での様子を実演。「ポケモン厳選していた!」「正月は本当にだらけていたな~」と寝正月を満喫した様子の小松に、上坂は「レアですよ!こんな働きもののみかこしさんがだらけるのは正月だけ!」と労った。

また番組の後半には、突如、徳井による1人ジブリ劇場が始まったり、上坂が密かな夢を語り出す場面も。1人ジブリ劇場では、小松と上坂からのムチャ振りに瞬時に対応し、湯婆婆や釜爺など、ジブリキャラクターのモノマネを披露する徳井に一同大爆笑。上坂の密かな夢トークでは、ゲーム『龍が如く』で一番好きだというキャラクター・錦山彰のbotを作りたいと温めていた夢を明かした上坂。

「(錦山は)ちょっとヘタレなんですよ。兄弟をうたないといけないシーンで“出来ねぇよ~俺には出来ねぇよ~”っていうシーンがあるんです」「“出来ねぇよ錦山bot”を見つけたら私だと思って!」と、斬新なbotを提案する上坂にスタジオは再び笑いに包まれた。

ほかにも、『声優と夜あそび2021 大忘年会SP』の振り返りトークや、猫好きの小松と上坂発端の「なぜ十二支に猫がいないのか論争」など話題は尽きず、コーナーに移行する流れも“破壊”し自由にフリートークを繰り広げた3人。結局90分たっぷりとトークを楽しんだ3人だったが、視聴者からは「フリートーク面白すぎるwww」「流石は水曜日www」「最高でした!」と番組を楽しんだ様子のコメントが多数寄せられ、新年一発目も“破壊の水曜日”らしく幕を閉じた。

©AbemaTV, Inc.

<関連サイト>
上坂すみれの危険すぎる“夏デート”に小松未可子は…
http://www.entameplex.com/archives/58021

下野紘&内田真礼、JKポーズで最新プリクラ撮影!
http://www.entameplex.com/archives/58018

関智一、まさかの“聖地”に興奮「ここ、ドラマで見た」
http://www.entameplex.com/archives/57488