Entame Plex-エンタメプレックス-

ニューヨーク屋敷が愕然…魔性の黒髪美女が濃厚キス!


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は16日、オリジナル恋愛番組『シャッフルアイランド Season2』の第7話を放送した。

本番組は、南国“グアム”を舞台に、男女それぞれが2つの島に集まった状態でスタート。その島に存在する「1日に1回は必ず、もう1つの島からメンバーを指名し入れ替わらなければならない」というルールのもと、毎日男女が島を入れ替わりながら恋人を探していく恋愛番組。

第7話では、子犬系男子のいっせいさんと、いっせいさんに想いを寄せるエマさんとみゆさんの3人が、数珠つなぎ方式のシャッフルタイムによって同じ「Island BLUE」に集うことに。そして、エマさんに誘われ2ショットタイムを過ごすいっせいさんは、2人の女性からアプローチを受けていることに頭を悩ませながらも、「(一緒に過ごす時間は)あと半日あるかないか。自分の中でモヤモヤしちゃう部分もあるけど、せっかく2人と一緒になれたから今日を思いっきり楽しんで、2人のことをたくさん知って決めたいと思っている」と素直な気持ちを伝えた。

そして、有言実行するように3人でデートを行うと、2人と腕を組みながら“両手に花”状態でアトラクションを楽しむ姿を見せた。これを受け、いっせいさんのハーレムさながらの様子に、スタジオMCのニューヨーク屋敷は「これはもう週刊誌の最後のページやん!モテモテ男や」と大爆笑となったが、そんな夢のような時間も長くは続かず、みゆから「喋っていい?2人で」と2ショットを誘われると、途端に真面目な面持ちになるいっせいに対し、屋敷からは、「いっせい、急に目が覚めた(笑)」とするどいツッコミが。

一方、この日の昼間に初めて2ショットの時間を過ごした小悪魔美女・のりことリョータは、夜に2度目の2ショットタイムへ。そして、雰囲気たっぷりのナイトプールで、1つの浮き輪に乗り手を繋ぎながら密着し会話する2人の様子を目にした屋敷は、「もうすっごいやん!終わった後やん、全部(笑)」とハイテンションでコメントすると、一躍スタジオの笑いを誘った。しかしそれも束の間。「今後もっとのりこと関係を築いていけたら」と胸の内を語るリョータに対し、アプローチが止まらないのりこが至近距離で目を見つめながら「(私の気持ち)どのぐらい伝わってる?」とグイグイ迫ると、これにはさすがの屋敷も「一回止めてくれ!」とうなだれる事態に。

そして、峯岸も「刺激が強い!」と大興奮となるなか、のりこがさらに接近し「チューしていい?」と問いかけると、一度は「まだあかん。まだ2ショット2回目だから…」と断るリョータだったが、「でもチューしたいのは確実」と不敵な笑みを見せるのりこに対し、屋敷は「すごいな、のりこ!俺、のりこと出会わんでよかったわ(笑)」と安堵。しかし、そんな屋敷をよそに、その後に2人が熱いキスを交わすと、峯岸は「リョータくん1回断ったところは良かった。でも“するんかい!”ってなりましたけどね(笑)」とコメントしたが、屋敷は男性の立場として「のりこはむちゃくちゃやで!」とツッコミながら、「20年後ぐらいにちゃんとした犯罪になると思う。あの状況でキスを迫るという行為が!今は法が整備されてないからまだ取り締まられへんけど。あんなん男は全員チューしてしまうもん!あれを断れる人はいない!」と熱弁し、スタジオを盛り上げた。

(C)AbemaTV, Inc.

<関連サイト>
峯岸みなみが恋人と“お揃いのモノ”を使う理由とは?
http://www.entameplex.com/archives/70446

峯岸みなみ「シャッフル要素がより恋愛を困難にしてる」
http://www.entameplex.com/archives/70236

14人の美男美女がグアムで繰り広げる大胆なラブバカンス
http://www.entameplex.com/archives/70096