Entame Plex-エンタメプレックス-

ふなっしー、安倍総理も参戦! 今年も混沌を極めるニコニコ超会議3初日レポ


動画投稿サービス「niconico」のWebコンテンツを地上で実現させよう! そんな試みも今年で3年目。4月26、27日に開催される『ニコニコ超会議3』が無事スタートを迎えた。会場の幕張メッセ前には午前6時の時点で1,000人を超える行列ができ、スタートの10時には3,000人以上に。例年を上回る熱気で日本が誇るサブカルチャーの力を見せつける。

大相撲超会議場所では横綱や十両力士たちがぶつかり合い、『超歌ってみた』ブースではステージの上で来場者がその歌唱力を競う。アニメステージでは仮面ライダー鎧武、プリキュアがショーを行い……。エンタメ、政治、科学、音楽。幕張メッセ全フロアを使った各カテゴリが入り乱れるこのイベントは、ぐるりとまわるだけでもゆうに1時間はかかる濃厚ぶり。

「霞ヶ関(駐屯地)からは会場までわずか30分。でもそのあとの牽引車での設置に半日かかりました」と話すのは『自衛隊ブース』の広報担当者の弁。重さ約10tのヘリコプターAH 64D アパッチ・ロングボウが展示されたブースには子どもから大人まで多くの人が訪れた。

『超踊ってみた』ブースでは船橋市非公式キャラクターであるふなっしーが登場し、来場者といっしょにラジオ体操を。いつものキレキレの動きで会場からは「ヤバい、ヤバい(笑)」という笑い声があがる。

特に力を入れました、というドワンゴ関係者が熱弁する『超アニメエリア』では、人気マンガ/アニメ「進撃の巨人」の作中で活躍する立体起動装置が体験可能に。開始30分ですでに60分待ちの行列ができる人気ぶりだ。

政治エリアの自民党ブースにはお昼すぎに安倍首相も登場。スケジュールに組みこまれていなかったこのサプライズに会場は大混乱。ブース前には人だかりができ、来場者は移動不能に。

“超会議でも動きません”のキャッチフレーズとともに江ノ島水族館からやってきた「niconico」のマスコット的存在ダイオウグソクムシだったが、現地ではワシャワシャと元気に水槽内を移動する姿を見せた。

さまざまな文化が入り乱れた超会議3。来場者からはニコニコ笑顔と笑い声が絶えない2日間となりそうだ。

<関連サイト>
ニコニコ超会議3 http://www.chokaigi.jp/
ニコニコ超会議3にナイナイ岡村やダースベイダーが来場決定! http://www.entameplex.com/archives/10185