Entame Plex-エンタメプレックス-

アイドル大集結!! 「LiVE GiRLPOP Vol.3〜flowery〜」ライブレポ


ガールズアーティストを応援する季刊雑誌「GiRLPOP」主催のイベント『LiVE GiRLPOP Vol.3〜flowery〜』が、4月27日、東京・中野サンプラザで開催された。

まずオープニング・アクトとして登場したのは、4月23日にCDデビューしたばかりの武藤彩未。
80年代アイドルポップスのカバープロジェクトを展開してきた彼女は、開会宣言のごとく「なんてったってアイドル」を熱唱し、観客とコール&レスポンスを繰り広げ、会場を盛り上げた。

続いて、自らを“乗り込み! 乗っ取り!! アイドル”と称するベイビーレイズ。トレードマークである虎の面をつけて登場した5人は、1曲目から国民的ナンバー「暦の上ではディゼンバー」でエンジン全開。その後も、「JUMP」「ベイビーレイズ」など、エネルギッシュなナンバーを連発した。

そして、この日から新学期をスタートさせたさくら学院。しかしライブは転入生加入前の8人編成で、代表曲の「FLY AWAY」「School days」などを披露。グループを牽引していく菊地最愛、水野由結を中心にしたパフォーマンスは、この日だけの変則フォーメーションながら躍動的なステージとなった。

イベント中盤には、ハロー!プロジェクト所属の5人組アイドルグループ:Juice=Juiceがステージへ。「裸の裸の裸のKISS」「私が言う前に抱きしめなきゃね」など、キレのあるダンスを交えシングル曲中心のセットリストでファンを魅了した。

続いて、颯爽と現れたのは平均年齢14.5歳の6人組ボーカルグループ:Little Glee Monster。
まずは「女々しくて」のアカペラカバーで迫力のボーカルを披露した後、オリジナル曲「HARMONY」の美しいハーモニーで実力を見せつけ、わずか10分ほどのパフォーマンスながら強い印象を残した。

次に登場したのは、2013年6月に新メンバーで17年ぶりに復活した、平均年齢16歳の9名からなるガールズグループ:東京パフォーマンスドール。ひとりずつダンスをアピールする自己紹介的なナンバー「WE ARE TPD!!」から始まり、先代TPDのカバー「ダイヤモンドは傷つかない」「十代に罪はない」などを披露した。

さらには5人組ガールズ・ダンス&ボーカルグループ:東京女子流は、5月21日に発売する新曲「十字架-映画『学校の怪談-呪いの言霊-』Ver.-」でハードなダンスを見せつけ、ラストの「Attack Hyper Beat POP」では観客と一緒にタオルを振り、会場をひとつにした。

そして、この日のトリを飾ったのは6人組アイドルグループ:スマイレージ。
7月15日の日本武道館公演を控えている彼女たちは、4月30日発売の新曲「ミステリーナイト!」のほか、「夢見る15歳」「有頂天LOVE」など初期ナンバーを交えたパフォーマンスでイベントを締めくくった。

<関連サイト>
ベイビーレイズ、連日のサプライズ発表にメンバーも唖然 http://www.entameplex.com/archives/9574