Entame Plex-エンタメプレックス-

多摩川発!1冊の猫の実話「手作り本」が全国へ


ミュージシャンである著者:田村元が、自身の体験を元に執筆した実話小説『風になった伝書猫 猫と人の魂が交差する物語』。
ある1匹のノラ猫に教えられた“命の尊さ”をどうしても伝えたい! と、田村が小説を執筆し出版を目指したものの、35社の出版社に断られてしまう。ならば、自分で本を作ればいいじゃないかと思い立った彼は、手作り本を2011年に製作し、多摩川沿いの書店に自ら営業を始め、やがて本の内容に共感する書店が次々と登場し、その輪は広がったという。

その結果、街の本屋で作る東京都書店商業組合の有志や多摩川沿いの書店10店舗が協力し、このたび出版が実現。「書店発」の手作り作品として、朝日新聞をはじめとするメディアで取り上げられ反響を呼び、4月に新装版としてKADOKAWAより全国書店で発売することが決定した。

この物語は、『ミュージシャンの「僕」は多摩川の土手にいるノラ猫「ローラ」と会うことを楽しみにしている。ある日、彼女に会いにいくと、そこには3匹の赤ん坊猫が捨てられていた。途方に暮れる僕を助けるように、赤ん坊猫を引き取り育てようとするローラ。その姿に僕は、今は亡きかつての恋人の面影を感じはじめ……』と著者の体験を元にストーリーが展開していく。

<関連サイト>
株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト http://www.kadokawa.co.jp
元フィギュアスケート日本代表の鈴木明子が初の書籍を刊行 http://www.entameplex.com/archives/9541