Entame Plex-エンタメプレックス-

桐谷美玲ら女子ーズが勢揃い!福田ワールド全開のゆるーい舞台挨拶


6月7日(土)より公開の映画『女子ーズ』のプレミア試写会が、21日、都内にて開催され、ヒロインを演じる桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月の5人に加え、司令官チャールズ役の佐藤二朗、そして福田雄一監督が登壇した。

女子ーズ5人は、劇中でのイメージカラーのワンピースを身に纏い登場。桐谷は昔から戦隊物が大好きで、この役のオファーには二つ返事でOKしたといい「コスチュームを初めて着た時は、嬉しくてしょうがなくて自然とポージングをしたくなりました」と喜びを口にすると、有村も「ダイレンジャーがすごく大好きで、小さい頃に憧れていたヒーロー像になれたような気がして“無敵”でした」と同調。

女子ーズの5人について、高畑が「この5人はとてもゆるくて、取材などで全然話が着地しないんです。この作品だからこそ集結した5人というか…キャスティングの“妙”だなって思いました(笑)」と口にすると、これに対し福田監督は「珍しく先に脚本があったので、誰にどの役がいいのか、こだわって集まってもらったメンバーなので自信がありました」とご満悦の様子。

そんな監督の印象については「モニターを見てる監督はひとりでずっと笑ってる」(有村)、「撮影に挑んだシーンの成功したかしていないかは、監督の笑い声の大きさがバロメーターでした」(藤井)、「今までお会いした監督さんの中でナンバーワンでゆるい方だなって(笑)」(山本)と語り、アクションシーンの撮影中に(監督が)寝てて記録係に起こされていた裏話なども披露。

また、撮影現場ではアドリブのオンパレードだったようで、桐谷は「二朗さんが、どんどんアドリブを入れてくるので笑いをこらえられなくて」と撮影時の苦労話を吐露。佐藤のアドリブについて福田監督は「二郎さんが変なことを言ってどうしても笑いが堪えられなかったら下を向いておいてくださいって(女子ーズ)に指示しておいたら、全員が下を向いちゃってるシーンもあったり(笑)だけど一箇所だけ、充希のアドリブに佐藤が完全に笑わされてるシーンがあって。ここはがっつり使ってます!」と明かした。これには、高畑が「笑わされすぎて負けたくなかった」とその時の胸中を語ると「女優に負けたのは初かも」と佐藤が完敗宣言する一幕も。

最後に舞台挨拶の締めのメッセージを託された桐谷は「ゆるい世界観で、女子あるあるが沢山つまった作品になっているので、楽しんで観てもらいたいです」とアピールし締め括った。

今作は、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「コドモ警察」など、意外かつ脱力感溢れる作品を手掛けてきた福田監督がメガホンを執り、長年にわたる構想をもとに女子の戦隊ヒーロー物を独特の世界観で描いている。キャストには、この日登壇した女子ーズ5人と佐藤のほか、安田顕、皆川猿時など福田作品常連メンバーや、きたろう、大東駿介、岡田義徳、黄川田将也らが脇を固めている。
“恋に仕事に美容にヤボ用、なにかと忙しい女子たちが、地球の平和を守ることができるのか!?”

映画『女子ーズ』は、6月7日(土)新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。

©2014「女子ーズ」製作委員会

<関連サイト>
『女子ーズ』 http://jyoshizu.com/
有村架純、CM共演中のパン田一郎くんと……!? http://www.entameplex.com/archives/9217
指原莉乃が女優引退宣言!? そして遺作!? 主演映画『薔薇色のブー子』が完成 http://www.entameplex.com/archives/10858