Entame Plex-エンタメプレックス-

能年玲奈「月海のコスプレで観に来てほしい!」主演作『海月姫』の公開に笑顔


映画『海月姫』が27日より公開となり、初日舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて行われ、主演の能年玲奈をはじめ、キャストの菅田将暉、長谷川博己、太田莉菜、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみち、そして原作者の東村アキコ、川村泰祐監督が登壇した。

能年は「お祭りみたいな映画なので、ブログでカウントダウンをしていたので、初日を迎えられて興奮しています。今日から海月姫祭り本番なので頑張りたいと思います!」と笑顔で挨拶。撮影中には手芸部が発足されたといい、「キタユウレイクラゲをイメージして作った力作です」と、能年自身が手作りしたクラゲのぬいぐるみを披露した。

女装男子を演じた菅田は「ついに『海月姫』公開ということで、僕はこの日を“ブラジャー記念日”にしようかと(笑)」とユーモアたっぷりに話し、長谷川は、「月海ちゃんに付きまとうシュウシュウが、変態なオヤジにならなきゃいいなと思って……(笑)。出来るだけ若さを出したいなと思ったんですけど難しかったですね」と自身の役どころを振り返り、苦労した様子を吐露。

太田は「原作の漫画を読んでいたので、漫画のまややを参考にしました」と、オタクキャラへの豹変っぷりが話題となっていた三国志オタクまやや役について語り、篠原は「普段はカメラがあるとカメラ目線でぐいぐい自分を表現したいタイプなんですけど、ジジは自分の気配を消すような役だったので、気配を消す技を女優として習得しました。太田さんのそばに居ても気付かれずにビックリされたことがありました」と、エピソードを明かした。

片瀬は「RICACOさんのような美脚を誇る菅田くんが本当に凄くて、とても楽しい現場でした」と、菅田の女性顔負けの女装のクオリティに舌を巻いていた。

こよなくベンツを愛する花森役を演じた速水に対し“これを取り上げらたら、つい大事なことを喋ってしまうかもということは?”と質問が飛ぶと、すかさず篠原が「オイルでしょ、やっぱりオリーブオイルでしょ!?」と、速水が答える前に絶妙な間で入り込むと、爆笑が沸き起こった。「小さい頃からアメリカンコミックのフィギュアが大好きでものすごい数を集めてるんですけど、それを取り上げられたらつらいですね」と速水が答えると、片瀬からも「フィギュアにオイルかけられちゃったらイヤだもんね?」と、女優陣から“オリーブオイル”ネタでイジられる一幕も。

最後に能年が「『ロッキー・ホラー・ショー』みたいに、月海や“尼~ず”のコスプレとか女装とかして、みんなで合唱しながら観て楽しんでいただきたいです」と作品をアピールし締め括った。

映画『海月姫』は全国公開中!

©2014映画『海月姫』製作委員会 ©東村アキコ/講談社

<関連サイト>
『海月姫』 http://kuragehi.me/
能年玲奈、オタク女子演じた主演作に自信満々「“海月姫祭り”はじまりであります!」 http://www.entameplex.com/archives/16744