Entame Plex-エンタメプレックス-

中川翔子、タイのアニソン番組出演に大喜び「中野ブロードウェイを案内してあげたい」


歌手でタレントの中川翔子が26日、六本木のニコファーレで行われたタイで放送されるアニソン番組「ANISONG NIPPON」の会見に出席した。この日の会見には、中川のほか、「マクロスF」のシェリル・ノームの歌を担当したMay’n、「妖怪ウォッチ」のオープニングテーマを担当し“ゲラゲラポー!”のフレーズで昨年ブレイクを果たしたキング・クリームソーダ、そして同番組で司会を務める鮎貝健が登場した。

同番組は、総務省が実施する「放送コンテンツ海外展開強化促進モデル事業」の一環として、アニソンを通じて「COOL JAPAN」「VISIT JAPAN」を海外に効果的にアピールする番組として、タイの地上波チャンネル「Workpoint TV」で、3月1日より放送開始。5週にわたって各回1組のゲストアーティスト(中川翔子、May’n、キング・クリームソーダ、GRANRODEO、LiSA)によるスタジオライブ、トークを中心に日本の人気スポットとポップカルチャーを紹介するといった内容となっている。

中川は「アニメソングは、世代も性別も国境も言語も飛び越えて、愛や勇気や希望や夢、心にたくさんのキラキラを与えてくれる素晴らしい文化です。わたし自身も子供のころからたくさんのことをアニソンから教わってまいりました。こんな素敵な番組に参加することが出来てとても幸せです! 世界中の皆さんと一緒に楽しめたらなと思っています」と、番組への意気込みを語った。

タイの視聴者への日本のおすすめスポットを聞かれた中川は「わたし自身の人生がこうなったのは“中野ブロードウェイ”というサンクチュアリがあったからだと思っております。一つのビルの中にレトロやサブカルといた過去と現在と未来が詰まっているカオスでございます。行くたびに方向が分からなくなるようなダンジョンになっているので、いつでもわたしが出動して案内してあげたい(笑)。タイの皆さんにも是非中野に来ていただきたいです」と、“中野ブロードウェイ”をアピールした。

さらに、トークコーナーの収録については「今日は、タイで撮影されたブルース・リーの『ドラゴン危機一発』のポスターを家から持ってまいりました! あと『北斗の拳』の第1話が載っている少年ジャンプを持って来たりしたんですけど、話が長くなっちゃって途中で止められちゃいました(笑)」とアニメ話に花が咲き、これまた興奮気味で話が止まらない中川の様子に、会場からは笑いが起こった。

<関連サイト>
中川翔子 オフィシャルブログ http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/
しょこたんのアニメ愛たっぷり! 自身初のサブカル本を発売 http://www.entameplex.com/archives/14849