Entame Plex-エンタメプレックス-

女優としての活躍も目覚ましいシシド・カフカ、セッション・ミニアルバムをリリース


フジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」の主題歌「Don’t be love feat.斉藤和義」を歌うシシド・カフカ。この曲のミュージックビデオは、YouTube上ですでに13万再生を突破し話題となっているが、そんな彼女がセッション・ミニアルバム「K5(Kの累乗)」を6月17日にリリースすることを発表した。

今作では、斉藤和義をはじめRIZE、Dragon Ash、LIFE IS GROOVEを率いて活躍するベーシスト:KenKenが参加。その他にも個性溢れるアーティストたちをフィーチャリングしたセッション・ミニアルバムとなる。上記の2人以外の参加ミュージシャンは随時発表予定とのこと。

今作に参加することになったKenKenは「ベースとドラム、リズムを中心に何かカッコイイことが出来ないかと思い、悩んだ挙げ句、今回の楽曲にしました。彼女特有のストレートなロック感を大事にしつつ、いい意味で期待を裏切る楽曲に仕上がっていると思います。今回のセッションでミュージシャンとしてのシシド・カフカをわかってもらえるのではないでしょうか。ドラムプレイも歌も見た目も完璧人間です」とコメントを寄せている。

なお、今作にも収録される「Don’t be love feat.斉藤和義」は、4月29日より配信スタート。また、セッション・ミニアルバムのリリース日となる6月17日には、TSUTAYA O-WESTでのレコ発ワンマンライブも決定している。

<関連サイト>
シシド・カフカ http://www.shishido-kavka.com
シシド・カフカ×斉藤和義、コラボ楽曲のミュージックビデオ公開 http://www.entameplex.com/archives/20067