Entame Plex-エンタメプレックス-

斎藤工、『昼顔』以来再び“生物教師”として衝撃発言を連発「大人はウソをつくんです」


俳優の斎藤工が5月9日、TOHO シネマズ 新宿にて行われた映画「小さな世界はワンダーランド」の初日舞台挨拶に登壇した。

この映画は、ネイチャードキュメンタリーのトップブランド「BBCアース」と、「トイ・ストーリー」などでも有名な「ピクサー・スタジオ」が共同制作したもので、斎藤は本作の日本語ナレーションを担当。映画の内容は、シマリスやスコーピオンマウスといった小さな動物たちの冒険を追った、大人から子どもまで楽しめるドキュメンタリーとなっている。

本編上映後に登場した斎藤は「CGなしの圧倒的な切り口によって、ダイナミックな(動物たちの)日常を描いている」と作品を評し、今回のナレーション仕事について「スキルのなさは実感するんですが、開き直って自分らしいものを表現したかった。光栄でした」と、感想をもらした。

文部省推薦の「親子で楽しめる作品」とのことで、この日は多くの親子連れが来場した。斎藤は「歌舞伎町なんでね。気をつけて下さい。眠らない街、新宿」と、会場の場所がら、注意を促す一幕も。

この映画の上映時間は44分と通常よりも短く、その分料金も格安となっている。これに斎藤は「今の時代性が産んだもの。これだけSNSが発達した中で、(映画平均時間の)2時間拘束されるのは、僕はある種のリスクだと思うんです。このスケールは今後の映画の将来を占うものでは?」と持論を展開した。

さらに進行MCの女性が、監督からの斎藤の評価を「とても優しい声で、とても色々なことを考えていらっしゃる、プロフェッショナルな方だな、と思ったそうです」と読みあげると、斎藤は「それ、僕が書けっていったんです。そのかわり寿司をおごりました(笑)」とコメントし、会場を微妙な空気に。慌てた斎藤は「ウソですよ!? 子どももいるのにごめんなさい。大人はウソをつくんです」と、弁明した。

またイベント中盤では「教えて、斎藤工先生!」と題し、客席の子どもたちが斎藤に動物に関する質問をぶつける“特別授業”を開講。出世作「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」でも、高校の生物教師を演じた斎藤は、堂に入った様子で質問に回答した。

「シマリスの口の中にはドングリが何個入るの?」「リスから見た鹿はどんな大きさ?」といった、子どもらしい質問に、斎藤は「可愛いですね。ふだんもっとひどい質問されているので」と、マスコミ陣に向けたリップサービスも。

ひとりの女の子が「斎藤さんがいちばん好きな動物は何ですか?」と聞くと、斎藤は悩み「うーん、『犬派』だったんだけど、最近ネコの距離感に惹かれる。気まぐれじゃないですか? 主導権を握らせない動物に非常に興味を持ってます」と意味深な発言も飛び出した。しかしその後「ヒョウも、亀も」と矢つぎに追加し「1番って言われてるのに、いっぱい出すっていう…。これが大人です」と、笑いを誘った。

その後、斎藤は別の女の子に「どんな男性が好きですか?」と”逆質問”すると、女の子は「色々いるんじゃない?」とクールに返答。これに斎藤は「色々いるんだよね」と感心しきりだった。

最後に斎藤は「映画の中の弱肉強食を見ていると、いかに自分が裕福な立場にあるのか分かるんですね。でも世間には人間同士の醜い争いもあったりして、生きてるって何だろう? って思う。同時に、リラックスして家族で楽しめる作品になっているとも思います」と、場を締めくくった。

映画「小さな世界はワンダーランド」は、TOHO シネマズ新宿他にて全国順次上映中!

© BBC 2014

<関連サイト>
「小さな世界はワンダーランド」 http://wonderland.gaga.ne.jp
斎藤工 http://www.saitoh-takumi.jp/
斎藤工、「島ぜんぶでおーきな祭」那覇レッドカーペットに登場で女性ファンは大興奮 http://www.entameplex.com/archives/19748