Entame Plex-エンタメプレックス-

乃木坂46・生駒里奈が突然の号泣! 舞台挨拶で母を語り堪えきれず


アイドルグループ・乃木坂46が6月28日、都内にて行われた舞台挨拶に登場し、メンバーの生駒里奈が突然泣き出す場面があった。

イベントは、乃木坂メンバーに密着取材したドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」の完成を記念して開催したもので、プレミア上映会終了後にメンバーの生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、生田絵梨花、桜井玲香、秋元真夏、深川麻衣、若月佑美、監督を務めた丸山健志の9名が登壇した。

はじめの一言挨拶で、橋本の番になると「愛してるー!」と声援が飛ぶ。すると橋本は「私も皆さんのこと“わりと”愛してます」とやんわりたしなめた。すると秋元は「私は“全力で”愛してます!」と対抗意識を燃やし、笑いを誘った。

キャプテンの桜井は、映画について「ドキュメンタリーと聞いた時点で怖いと思った。キレイじゃない部分も皆さんにお見せするわけじゃないですか?でも想像していたものと違っていて、伝えられなかった部分をこの映画で表現できてファンの方々と距離が縮まったと思う」とコメントした。

白石は「デビューから4年間すべてがつまった内容。胸がぎゅっとなる出来事もあった。自分の全部をさらけ出しました」と撮影を振り返る。

西野は撮影中、「じいちゃん家で鍋を食べた」ことが印象に残ったようだ。ただし撮影中は音を出せなかったことから、「緊張して鍋の味がわからなかった」と笑顔を見せた。

その後も、メンバーそれぞれが地元での撮影のエピソードを語った。生駒はイベント当初からいつものように大きな声でハキハキとした姿勢を見せた。生駒は地元・秋田県に帰郷すると、家と友だちの家を往復するのみだったため、撮影で街の人々から声をかけられ、はじめて自身の認知度がわかったという。

生駒に変化が起きたのは、劇中で多く登場する母親との思い出を尋ねられたときだった。生駒が母親を語ろうとするも「お母さんが、オーディションの話を持ってきたお父さんに(強く)当たったっていうのは知ってたし、朝ごはん作るときに…私の食器を…出せなくなって言われたときは…すごく申し訳なくなって…」と、こらえきれず声を震わせ涙を流した。

生駒は10代で上京し、アイドルとして活動していたため、母親に「大事なときの成長を見せてあげられなかった」と負い目を感じてしまったようだ。母親の「(あなたがいなくなって)あなたの食器を出せなくなった」との話を聞いたときにショックを受けたという。

さらに生駒は「私ももっとお母さんと暮らしたかったけど…でも…ここに来れたから自分も変われたし、お母さんもちゃんと応援してくれてるって分かったので。映画を通して私だけじゃなくお母さんもずっと戦ってたんだなって知ることができたので」と震え声のまま続けた。

静まり返った会場に、生駒は「…すいません。泣かないようにしてたんですけど。やっぱりお母さんのことを思うと…」と釈明した。生駒はこの映画に関わることで、「悲しみ」と正面から向き合うことができたようだ。

映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」は、7月10日より全国公開。

©2015「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会

<関連サイト>
「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」 http://www.2015-nogizaka46.jp
乃木坂46 http://www.nogizaka46.com
乃木坂46、ドキュメンタリー完成を祝してメンバー参加のプレミア上映会開催 http://www.entameplex.com/archives/21605