Entame Plex-エンタメプレックス-

“家族”とは――竹野内豊主演作『at Home アットホーム』に絶賛コメントが続々到着


8月22日(土)より全国公開となる竹野内豊主演映画『at Home アットホーム』。本作は、DREAMS COME TRUEの名曲を映画化した「未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」の蝶野博監督の手により、本多孝好の短編小説「at Home」を実写映画化。虐待、性暴力、DVなど辛い過去を持つ5人による他人同士の家族の絆が描れている。

このたび、そんな本作をいち早く観賞した脚本家・岡田惠和や「夜回り先生」の水谷修、「家族という病」で話題の作家・下重暁子、居場所を失った少女の支援をしている「VOICES MAGAZINE」編集長の橘ジュン、夫婦問題研究家の岡野あつこといった数々の家族と向き合ってきた、まさに“家族のプロ”たちから絶賛コメントが到着した。

■著名人コメント(順不同)
岡田惠和(脚本家)
「ガツン!とやられました。骨太で誠実、斬新な設定なのに懐かしい。ラスト、こんなに泣かされるとは。傑作です」

水谷修
「今、日本の多くの家族が失ってしまっているもの。それが何なのか。この映画は、それを私たちに気づかせてくれます」

下重暁子(作家)
「家族とは何か。血のつながりやしがらみではない。ほんとうの家族とは傷ついた者同志の心のつながり、そこに生まれる思いやりと責任である」

橘ジュン(ライター/「VOICES MAGAZINE」編集長)
「現実は綺麗事じゃない。ただ、なぜだろう。見終わった後にあふれてくる安心感と、『これでいい。これからが始まり』と思わせてくれる期待感は。傷ついた大人と子どもが偶然の出会いから互いに惹かれ合い、作り出す『家族』という絆。人は皆、寂しく弱い存在だ。『お帰り』と『ただいま』が言い合える場所。心の通い合う場所を守るためなら、人は強くなれるんだって思わせてくれた」

岡野あつこ(夫婦問題研究家)
「この映画で新しい家族の定義が見えた。認め合う心、守りぬく勇気、許し合える愛が揃った時、人は誰でも家族になれる!」

空き巣の和彦(竹野内)との偶然の出会いから「他人同士で家族になること」を選び、犯罪で生計を立てている森山家。本当の家族を知り、幸せを噛みしめていたある日、妻の皐月(松雪泰子)が監禁・誘拐されてしまう。やっと見つけた家族という希望を守るため、和彦がくだす命がけの決断とは――。

映画『at Home アットホーム』は、8月22日(土)より全国ロードショー!

配給:ファントム・フィルム+KATSU-do
©映画『at Home』製作委員会

<関連サイト>
『at Home アットホーム』 http://athome-movie.com/
松雪泰子が血まみれに!? 映画『at Home アットホーム』の場面写真が公開!! http://www.entameplex.com/archives/22887