Entame Plex-エンタメプレックス-

2人の高校生がただしゃべるだけ……話題のマンガが映画化! 主演は池松&菅田


秋田書店「別冊少年チャンピオン」にて連載中のマンガ「セトウツミ」が実写映画化することが決定。主人公の高校生2人を、池松壮亮と菅田将暉が演じることが明らかになった。

「セトウツミ」は、関西の男子高校生、瀬戸と内海が放課後にまったりとしゃべるだけ。そのシニカルな会話の面白さだけで読者を魅了するという、これまでになくシンプルな作品。そんな今作が実写するにあたって、重要な2人の主人公に、いま若手俳優のなかでも実力派として名高い池松壮亮と菅田将暉が抜擢された。なお、監督は「さよなら渓谷」でモスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞した大森立嗣。

本作に関して、主演の2人は「何だか面白そうなこの作品を、大森監督のもと、菅田くんと2人でやるという事で、何だか面白そうなことが始まるんじゃないかという気がしています。まだ撮影には入っていないのでどんな作品になるか分かりませんが、でもやっぱり何だか面白そうなの で、楽しみにしていて下さい」(池松壮亮)、「大森監督のもと、池松さんとただただ二人で喋る映画に参加できる事、心から感謝してます。原作の瀬戸と内海のシニカルなやりとりに嫉妬しました。こいつらオモロ過ぎるやろ、と。現実世界にこんな奴らおったら勝たれへんで、と。原作の世界にある発想やセンスを大切にしつつ、素直に体現し、そこから先はもうどうなるかわかりませんという思いで楽しんで生きたいと思います」(菅田将暉)とそれぞれコメント。

映画「セトウツミ」は今秋撮影を行う予定で、公開は2016年となっている。

<関連サイト>
「セトウツミ」(秋田書店) http://www.akitashoten.co.jp/comics/4253220495
菅田将暉、先輩俳優にアドリブでビンタ! 「それだけ“イラッ”とさせられたんです(笑)」 http://www.entameplex.com/archives/20721