Entame Plex-エンタメプレックス-

ホットミルクでもサクサク食感が持続!?冬でも楽しめるグラノーラが登場!

手軽に、しかもバランスよく栄養がとれるということで年々人気を博しているグラノーラ。しかし、ある調査によると、約46%の人が冬になると「冷たい牛乳で身体が冷えてしまう」とグラノーラを食べなくなるという。そんな声を受け、日本ケロッグからホット専用の「ケロッグ あったかグラノラ」が登場。その商品発表会が行われた。

発表会に登場した日本ケロッグマーケティング本部長:大谷弘子によれば、従来のグラノーラは温かい牛乳では食感がやわらかくなり、甘さも際立ってしまうという問題が。しかし、新商品では温めてもやわらかくなりすぎない全粒オーツ麦を使い、甘さを抑えた商品になっているとのこと。

会場では新商品3点とリニューアル商品1点が試食できたので、それぞれレポート。

ホットミルクとグラノーラのコンビネーションはいかがなものか……と正直心配していた「ケロッグ あったかグラノラ」だが、カボチャやサツマイモが入っていることもあり、食べ応えや満足感が感じられるものとなっている。問題視されていた甘さも気にならないし、さくさくした食感も残っており、グラノーラの新たなスタンダートとなりそうだ。原材料はオーツ麦をはじめ、小麦やコーン、大麦、米など4種類の穀物を使用したシリアルパフ、レーズン、リンゴなどのフルーツ、サツマイモ、カボチャなどとなっている。「ケロッグ あったかグラノラ」は8月下旬より2016年2月まで秋冬限定で発売。

そして、もう1つの新商品「K ミューズリー」はさらに具だくさんで、5種の全粒穀物に加え10種類のフルーツや種を加えた商品。油の使用や加工を抑え、味付けも淡白だが具だくさんで贅沢感アリ。今回はプレーンヨーグルトとともにいただいたが、糖質・脂質や塩分を控えたいと考えている方にオススメ。こちらは9月下旬より販売をスタートする。

また、10月下旬には新商品として映画「アナと雪の女王」デザインのシリアルが登場する。パフが雪や雪の結晶をイメージしたキュートな形になっており、上品なバニラのフレーバーとほどよい大きさ、固さで子供でも食べやすそう。

最後に紹介するのは、8月下旬よりリニューアルされた「玄米フレーク」。1984年に発売されて以来のロングセラーというこの商品だが、その特徴はその味付け。甘さ控えめで素材本来の香ばしさが感じられる。もちろん鉄分やビタミンE、B1、カルシウムといった栄養もたっぷり。リニューアルにともないパッケージにパウチが付き、保存性も上がっている。

<関連サイト>
日本ケロッグ http://www.kelloggs.jp/
忙しい女子ほどハマる!? 海外スタイルの“時短”朝食ヨーグルトで美女子に http://www.entameplex.com/archives/19837