Entame Plex-エンタメプレックス-

佐々木蔵之介、京都国際観光大使に任命! 「本当に光栄に思っております」


俳優の佐々木蔵之介が12日、京都国際観光大使に任命された。現在、2016年公開予定の主演映画「超高速!参勤交代 リターンズ」の撮影が行われている松竹京都撮影所にて任命式が行われ、門川大作京都市長より任命証が授与された。

京都国際観光大使は、。京都の魅力を世界に向けて発信&PRするべく2011年4月に創設。これまで、服飾研究家の市田ひろみ、パリ在住の歌手・クレモンティーヌなど現在46名・7団体が任命されており、佐々木の任期は2017年3月31日までの約3年間となる。

同大使に任命された佐々木は、「このたびは国際観光大使に任命いただき、本当に光栄に思っております。私は京都に生まれ京都に育ちました。鴨川で遊び、御所に蝉取りに行ったり野球しに行ったり。夏は祇園祭に行って宵山の夜店で遊び、そして大文字の五山の送り火を見て『やばい、夏休み終わる!』みたいな(笑)。『宿題どうするねん!』みたいな感じで育ってきました。京都の町、文化、食、そして人に育てていただきました。町中で時代劇が撮影できる、すぐにロケが出来る。こんな所は世界でもそうそう無いんじゃないか、と思っており、改めて京都の魅力を今、実感しています」とコメント。

また、現在撮影中の「超高速!参勤交代 リターンズ」について、佐々木は前作同様、幕府から無理難題を命じられながらも、金も時間も人手もかけずに知恵で参勤交代を果たした弱小貧乏藩の殿様役を演じる。前作は江戸に出向く「参勤」だったが、今回は地元に戻る「交代」の様子を描く。今作について、「今回は金どころか、城までなくなる。それに前回の倍は走る。撮影は前より過酷。衣装の鉢巻き、たすきはドロドロです」
と撮影の様子についてコメント。

「前回は深田(恭子)さんと伊原(剛志)さんが実家(佐々木酒造)の蔵に見学に来ていただきまして。今作では観光大使として! 改めて京都をPRしていこうと思っております」と締めくくった。

<関連サイト>
映画「超高速!参勤交代」試写会で、佐々木蔵之介らが浴衣姿でスイカ割り http://www.entameplex.com/archives/11802