Entame Plex-エンタメプレックス-

ビートたけし主演作「女が眠る時」ビジュアル解禁&公開日決定!


人間の本質を巧みに描写する作品を手掛け、映画「スモーク」ではベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞するなど、ハリウッドで活躍中のウェイン・ワン監督。そんなのウェイン監督最新作「女が眠る時」のもと、ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリといった豪華キャストが集結。このたび、本作のチラシのデザインビジュアルが解禁となった。

「覗き見たのは、<狂気>か<愛>か。」のキャッチコピーとともに、たけしと西島の怪しげな目元と、忽那と小山田の不惑の表情が印象的なこのチラシは、今週末より順次劇場に設置される予定。さらに、本作の公開日が2016年2月27日に決定した。

妻の綾(小山田サユリ)とバカンスを過ごすため、美しい海辺に佇むリゾートホテルに訪れた小説家の健二(西島秀俊)は、処女作のヒット以来良き題材に恵まれず自らの才能に苦悩していた。滞在初日、彼はプールサイドで初老の男(ビートたけし)が、若く美しい女(忽那汐里)の身体に表情ひとつ変えず、細部に至るまで丹念に日焼け止めクリームを塗っている様子に目を奪われる。初老の男は佐原、若い女は美樹という名前だと知る。異様な雰囲気を醸し出す親子ほど年の離れた2人のことを時間が経つにつれ、脳裏から離れなくなっていく。健二の執着は、彼らの姿を追い求め、次第には部屋を覗くまでに…。ほんの好奇心から始まった行為は常軌を逸した行動へと変化していき、予期し得なかった衝撃の結末へと突き進んでいく――。

映画「女が眠る時」は、2016年2月27日より公開。

©2016 映画「女が眠る時」製作委員会

<関連サイト>
映画「女が眠る時」 http://www.onna-nemuru.jp/
ビートたけし、西島秀俊のキャッチコピーを考案「高いサバ缶」 http://www.entameplex.com/archives/22284