Entame Plex-エンタメプレックス-

身体も懐も“あったかいんだから~♪”イマドキ女子のトレンドはおなべランチ!?


寒い冬、そして忘年会や女子会などで、お腹も心もあたたかくなる鍋料理が美味しい季節。エバラ食品が展開中の「プチッと鍋」を活用した“おなべランチ”プロモーションの一環として、お鍋の楽しみ方をさらに広げるため、同商品と身近な食材で簡単にできるスープジャー鍋レシピをWEB上で公開中。

そんな“おなべランチ”プロモーションを展開中の同社が、昨今のお弁当、そもそもランチ自体がどういった楽しみ方をされているのかを調べるべく、全国の20歳~35歳までの女性500名(仕事中のランチのときにお弁当の頻度が多い人/外食の頻度が多い人250名ずつ)を対象に、「ランチの実態」についてインターネット調査を実施した。(※調査協力/株式会社クロス・マーケティング)

ランチにお弁当を持っていく人と外食をする人では、月に昼食にかけるお金にどれくらいの開きがあるのか気になるところ。そこで、月にかかる昼食の費用を聞いたところ、お弁当を持っていく人の平均は3,463円だったのに対して、外食派の人はなんと6,349円と倍近くの差があることが分かった。何と外食派の中には月に5万円も昼食費につぎ込むという猛者も! これは単純に30で割って、1日あたりの金額を計算すると1700円弱と、どう考えても昼食については、お弁当で済ませたほうが経済的だという結果となった。(※外で購入する調理済みのお弁当は、外食に含む)

続いて、外食派とお弁当派、それぞれが持っているランチへの不満について質問したところ、外食派の不満の最多はやはり「値段が高い」。よほど飲食店が充実した地域でない限りはどうしても行く店が偏りがちになってしまうのか、2番目に多かった声が「飽きる」。どうしても外食だと自分の好みに偏ってしまうのか3番目には「栄養バランスがよくない」という声も。

そして、お弁当派のランチへの不満を見てみると、過半数以上を占めたのは「作るのが面倒」。毎朝、お弁当を作るために早起きをして準備するのは面倒だと感じている人が多いということが分かった。そして大きく差を開けて2番目となったのが「栄養バランスを考えるのが大変」。なかには「温かいものを食べられない」と回答した人も11.6%いた。

これらの結果を総評すると、外食派は「価格」や「マンネリ化」、弁当派は「作るのが面倒」「栄養バランスを考えるのが大変」という意見が多く見られた。また、最近流行っているランチや、お気に入りのランチをフリー回答で聞いたところ、「野菜メインのもの」や「ヘルシーなもの」といった、健康を重視した意見が多く集まった。体調やスタイルをともに維持していきたい女性にとっては、やはり健康は重要な要素のよう。最近話題の「おにぎらず」との声もあがったほか、多かったのが「スープジャー」を駆使したランチ。コーンスープ粥を作っている女性や、味噌汁などの汁物などを楽しんでいる女性もいるということが分かった。

そんなランチの不満にあがっていた「価格」「マンネリ化」「作るのが面倒」「栄養バランスを考えるのが大変」を解消するには、調理も簡単で値段も抑えられるだけでなく、野菜をたっぷり摂れてしかもおいしい! そんな“おなべランチ”はイマドキ女子の今冬のトレンドランチとなるかも!?

<関連サイト>
「プチッと鍋」スペシャルサイト http://www.ebarafoods.com/sp/petit/cp/event/
おのののか、「野球選手が好きなんでしょ?」具志堅用高の質問責めにタジタジ http://www.entameplex.com/archives/24734