Entame Plex-エンタメプレックス-

BUCK-TICK、20年ぶりにビクター復帰&来年横浜アリーナ公演開催を発表


ロックバンド:BUCK-TICKが自身のレーベル“Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)”をビクターエンタテインメント内に移し、今後の作品リリースを同社から行うことを発表した。これは彼らが16年連続で12月29日に開催している恒例の日本武道館公演にて発表されたもの。

ビクターは彼らが1987年のデビューから10年間所属した所縁の深いレコード会社で、「JUST ONE MORE KISS」「惡の華」などの初期のヒット作は同社が輩出している。1997年以降はビクターを離れ、レコード会社数社からコンスタントに作品をリリース、2012年には自身のレーベル“Lingua Sounda”を発足し、デビュー以来、不動のメンバーで精力的なリリース活動を続けている。

2015年はBUCK-TICKとしてオリジナル作品のリリースはなかったが、ボーカルの櫻井敦司は新バンド、THE MORTALの作品発表とライブツアーを敢行、また、ギターの今井寿は20余年ぶりにSCHAFTの活動再開をアナウンス、年明けには新作リリースとショートツアーを控えており、BUCK-TICKを離れたソロ・プロジェクトでの活発な活動も決定している。

さらに、同日開催の日本武道館公演にて、来年9月11日に神奈川・横浜アリーナにてライブを行うことも発表された。なお、ライブに関する詳細は今後、決まり次第発表されるとのこと。

Photo by 田中聖太郎

<関連サイト>
BUCK-TICK http://9nine-fan.lespros.co.jp/
BUCK-TICK、「惡の華」25周年記念作品のスペシャルサイトが公開 http://www.entameplex.com/archives/17838