Entame Plex-エンタメプレックス-

稲葉友「芝居の面白さを追求して高めていきたい」ドラマ『MARS』でキスマイ藤ヶ谷太輔の親友役を好演


Kis-My-Ft2:藤ヶ谷太輔と窪田正孝がW主演を務める現在放送中のテレビドラマ『MARS(マース) ~ただ、君を愛してる~』(日本テレビ)は、壁ドン、顎クイ満載! 数ある恋愛系ドラマの中でも、いかにも王道な展開が女子のハートを捉え、6月18日(土)からはドラマの続編となる映画も公開予定という。

とにかく恋愛にひた走る個性的な面々のなか、主人公の親友ポジションとして「常識人」を演じるのが俳優:稲葉友。「仮面ライダードライブ」(テレビ朝日系)の仮面ライダーマッハ役でブレイクし、現在では映画や舞台など幅広い活躍を見せる彼が今作、そして演技にかける思いとは? 今回は、現場の様子やドラマへの思い、今後の展望について語ってもらった。

――稲葉さん演じる「木田達也」はどんな人間ですか?

「この物語において貴重な人物です。普通で人の気持ちがわかる。みんな自分のことばかり考えて行動する人たちのなかで、調整役的な感じです。見ている人も共感できる部分が多いと思いますよ。エネルギッシュなキャラクターですね」

――ドラマ中はずっとバスケットボールを持っていますよね。

「そうなんです。たまにボールを持たないシーンがあると、監督に『あれ!? 持たないで大丈夫?』ってからかわれますね。早朝に現場に行ってバスケしていたら、(主演の)藤ヶ谷くんに『達也! お前今日何しに来たんだ!?』って聞かれて『バスケしに来ました!』って即答する日もあるくらいで(笑)」

――「木田」と自分を重ねると、近い部分はありますか?

「自分も木田のように穏やかで激しい部分は持っていないので、そこは共感します」

――じゃあ「木田」同様、普段聞き役になることが多い?

「多いですね。僕はそれほど自分の話をしないので、役作りに関してもそれほど難しくはなかったです。あとは、零(藤ヶ谷の役)と、いい空気感をどうやって出すのかに力を入れました。僕の役は、零の親友ということもあって、他の登場人物のように過激な関係ではないんです。藤ヶ谷くんとは今作が初共演ですが、物語上、初めから『親友関係』の空気がなくてはいけない。その親しげな空気感をどうやって出すかに注意しました」

――それはどうやって作り上げていったんですか?

「楽屋で世間話をしていくなかで、藤ヶ谷くんがイジって、僕がそれに対しツッコむという流れが自然とできてきましたね。彼はすごく話しやすい人で。ユルい話も真面目な話もいろいろしました」

――藤ヶ谷さん演じる「樫野零」ってすごいグイグイいくキャラクターですよね。強引なところもあって……。

「藤ヶ谷くんだから許されるキャラ(笑)。でも、ドラマ内の行動とはいえ、違和感がないんですよね。スゲェなって」

――壁ドン、顎クイなど女子が喜びそうな行動を自然に演じていましたよね。

「第2話では『指パク』なるものが出てきます(笑)」

――なんです、それ?

「そう言っているのは現場の人間だけなんですけど(笑)。ヒロインが鉛筆をカッターで削っているときに指を切って血が出るんですね。それを零がパクッと……」

――「指パク」。新しい(笑)。

「言うなれば、親が子にしてあげるようなことなんでしょうが、それすらもロマンチックに見せることができるのは、この作品の力だと思います」

――『MARS』は非常に激しい恋の物語ですが、稲葉さんはこんな恋愛してみたいですか?

「いや、カンベンして欲しい(笑)。青春時代の話だからギリギリセーフで……。いや、その時代でも御免こうむりたいです(笑)。ドラマチックだし、残酷だし。だからこそ物語として面白いんでしょうけどね。自分の場合は……」

――穏やかな方がいいと。ちなみに、原作では木田がヒロイン「麻生キラ」に恋しつつも、零との恋愛を応援しますよね。この感覚って稲葉さんとしてはいかがですか?

「実は高校1年生のとき、同じようなシチュエーションがあったんですよ。友だちと同じ子を好きになっちゃって。でも、一歩も引かなかったです。もちろん、その子が友だちの方が好きだと確信できたら応援するけど。行くとこまでは行きたい」

――ガンガン行っていたと。話は変わりますが、撮影中に印象的だったエピソードってあります?

「撮影現場のひとつがけっこう遠方だったんですが、それでも藤ヶ谷くんのファンがやってきていたのには驚きました。はっきり言って藤ヶ谷くんの人気に恐れおののきました。人をそこまで動かす力があるってスゴい」

――稲葉さん自身についても伺いたいのですが、「仮面ライダードライブ」でのレギュラー出演は、大きな影響を与えたのでしょうか?

「多くの人に知っていただけた作品だと思います。いろいろなことが変わりましたね。もともと芸能界を続けていくにあたって、首の皮1枚でつながっていたところがあるんです。でも『ドライブ』に出演することが決まり、“ここで踏ん張らないと!”と、より意識するようになりました。また、仮面ライダーというコンテンツは、子どもだけじゃなく大人もファンが多いので、自分の知名度が上がったからこそ、より責任感のようなものが生まれましたね」

――オフの日はどのように過ごしていますか?

「家でDVDを見ることが多いです。僕が小学生のころに流行ったドラマを見返して、“どうしてこの話は時代が経っても面白いんだろう?”って考えますね。最近だと香取慎吾さん主演の『人にやさしく』を見直しました。『池袋ウエストゲートパーク』はDVDも持っていて、何度も見直しています」

――最後に今後の展望をお願いします。

「いまはとにかく芝居一本。演劇や映画、ドラマといろいろありますが、それぞれが持つ面白さをさらに追求して高めていきたいです。テレビで僕のことを知って、初めて演劇を見たって方もいて、それは本当にうれしい。今後はもっと様々なジャンルの芝居に挑戦していきたいし、逆にジャンルに対してもいい影響を与えるような役者を目指したいですね」

<関連サイト>
『MARS~ただ、君を愛してる~』(日本テレビ) http://www.ntv.co.jp/mars/
稲葉友 http://www.lespros.co.jp/talent/artists/yu_inaba/
“まいんちゃん”こと福原遥がドラマ『MARS』で嫌な女子を好演 http://www.entameplex.com/archives/27470