Entame Plex-エンタメプレックス-

はま寿司の限定ラーメンが侮れない旨さ! 今が旬「はまぐりの旨だしラーメン」が期間限定販売中


“うんまっ!”思わずそう唸ってしまったのは、3月3日より回転寿司チェーン店:はま寿司で販売開始となった「はまぐりの旨だしラーメン」。

ひな祭りの代表的な食材のひとつである“はまぐり”ですが、対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから『仲の良い夫婦』を表し、一生一人の人と添い遂げますようにという両親からの願いが込められた縁起のいい食材なのだとか。
そんなうんちくはさて置き……、この「はまぐりの旨だしラーメン」は、その名の通り出汁に今が旬のはまぐりをふんだんに使用し、北海道利尻昆布とともに1時間以上かけたスープが自慢の一杯だそうで、何と発売直後にも関わらず、すでに1日2万1千杯を超える注文数を記録! 売り切れ店舗が続出し話題となった前作「旨だし鶏塩ラーメン」をも凌ぐ人気ぶりなのだとか。

そんな春の訪れを感じさせる「はまぐりの旨だしラーメン」を実食するべく、はま寿司へ!

お寿司の廻るレーンの上にあるタッチパネルで“ポチッ”と注文し、いざ実食。まずは、はま寿司自慢のスープから。スープをひと口含むと、磯の香りを感じながらも、あとは引かず“スッ”と抜けて、また次のひと口が欲しくなる――、醤油ベースのあっさりとした味わいです。

「スープを取るために使う“はまぐり”の量がすごくて、出汁を取ったあとは、貝塚のような山ができるほどです」と、商品企画課の担当者が語るのも頷けます。

程よくスープに絡み歯切れの良い細麺をズズッとすすると、より一層磯の香りが際立ち箸が止まらない。具材には、肉厚のはまぐりが3個、白髪ねぎ、彩りのよい小松菜とシンプルに3種が鎮座。はまぐりの味を堪能しつつ、アクセントとして楽しむのにちょうどよくアッという間に完食。

この「はまぐりの旨だしラーメン」は、なんと380円(税別)と、リーズナブル! 「この価格でこのクオリティを出すのはなかなか至難の技です。お寿司も一緒に楽しめるように、量や味の濃さも細かく調整しています」(商品企画課担当者)と語っていたように、その企業努力には頭が下がります。

ちなみに、はま寿司では、冬は北海道味噌ラーメン、夏ならさっぱりと鶏塩ラーメンといった具合に、旬のものを使った期間限定ラーメンを数週間ごとに展開しているのも評価すべき点です(ラーメン食べたさに店に足を運ぶお客さんも居るとか)。

そんな、はま寿司のこだわりの詰まった「はまぐりの旨だしラーメン」、無くなり次第終了となってしまうので、今が旬の一杯を味わってみてはいかが?

そして、来店する前に活用をオススメしたいのが、はま寿司のWEB予約サイト「はまナビ」。ランチや夕食時、土日祝ともなると、家族連れなど多くの人で列をなして、待ち時間にうんざりという人も、この「はまナビ」で店舗予約しておけば、比較的待たずにすんなりと入店できるのでとっても便利ですよ!

<関連サイト>
はま寿司 http://www.hamazushi.com/hamazushi/index.html
回転寿司店で本格ラーメン!? 1日2万杯を誇るはま寿司の「旨だし鶏塩ラーメン」とは…… http://www.entameplex.com/archives/23560