Entame Plex-エンタメプレックス-

平井堅、 デビュー20周年記念のアリーナツアーがスタート!


歌手の平井堅が26日、福岡マリンメッセで全国アリーナツアー「Ken Hirai 20th Anniversary Special!! Live Tour 2016」の初日公演を行った。

このツアーは、昨年5月にデビュー20周年を迎えた平井の20周年イヤーを締め括る全国5大都市で開催され約8万人を動員予定。昨年5月12日と13日のデビュー記念日に、東京・Zepp Tokyo、9月から11月にかけては約4年ぶりとなるフルバンドを従えての全国24会場を廻ったホールツアー「Ken Hirai 20th Anniversary Special!! Live Tour 2015」という形でライブハウスに始まり全国ホールツアー、ライフワークともいえる全編アコースティック編成のKen’s Barのクリスマス公演、そして今回のアリーナツアーという流れで会場の規模を広げながら展開してきた。

2013年12月のKen’s Barの開催15周年を記念したツアー以来、約2年3ヶ月ぶりとなるアリーナツアーのスタートを切った平井は「“Ken Hirai 20th Anniversary Special!! Live Tour 2016”へお越しいただき誠にありがとうございます! 今日は近くでGLAYの皆さん、ももいろクローバーZの皆さんのコンサートが行われている中、ケン・ヒライを選んでいただきありがとうございます。20周年イヤーは昨年の5月のZepp Tokyoに始まり、全国ホールツアーをまわりましたが、20周年イヤーのスペシャルライブはこのアリーナツアーが最後。今日が初日です。こんなに集まってくれてどうもありがとう! もうじき21年目に突入しますが、来て下さった皆さんのため、20年の感謝を込めて今宵も死ぬ気で歌います! 受け止めておくれ、福岡マリンメッセボーイズ&ガールズ!!」と語りかけ、「瞳をとじて」「POP STAR」をはじめとした20周年の歩みを振り返るヒット曲の数々を20年間で培ってきた圧巻のパフォーマンスで披露し、会場に詰めかけた8500人のファンを酔わせた。

また、昨年の全国ツアーでも好評だった会場のファンからリクエストをその場で募り、平井堅のオリジナル曲であればどの曲でも歌うというリクエストコーナーも実施。観客とのトークも楽しみながら、もはや定番と化したコーナーで会場を和ませた。

さらに、新曲バラード「魔法って言っていいかな?」を初披露。胸を鷲づかみするような切ない歌詞を心温まるメロディ乗せたパフォーマンスで会場を大きな感動に包ま込んだ。なお、本ツアーはこれから大阪、札幌、名古屋を廻り、5月8日の東京・国立代々木競技場第一体育館公演でファイナルを迎える。

<関連サイト>
平井堅 http://www.kenhirai.net
平井堅、伊勢志摩サミット公認サポーターに就任! 「人と人とのつながりを描きたい」と応援ソング制作に意欲 http://www.entameplex.com/archives/27394