Entame Plex-エンタメプレックス-

100円で宝石が取れるかも!? 宝探しのドキドキが楽しめる「宝石キャッチャー」が大人気!

今やクレーンゲームと言えば、お菓子やぬいぐるみだけでなく、ロブスターやカブトムシなどの生き物まで、実にバラエティ豊かな景品が次々と展開されています。そんなクレーンゲームの設置台数がギネス世界記録に認定されているゲームセンターが埼玉県行田市にあるのはご存知でしょうか?

そのお店の名は「エブリデイ」。ギネス認定時は240機だったクレーンゲームは今では309機まで増えているというから驚きです。

そしてこのエブリデイで、設置以降、断トツで一番人気を誇っているクレーンゲームが「宝石キャッチャー」!

それはその名の通り、ダイヤモンドやルビーなど本物の「天然石」を景品にしたクレーンゲーム(しかも1回100円)。今年3月、関ジャニ∞の村上信五とマツコ・デラックスのMCでお馴染みのバラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で紹介されるやいなや、ものすごい反響ぶりだったとか。

そうと聞いては黙っていられず……、この「宝石キャッチャー」とはどんなものなのか、「宝石キャッチャー」の開発者であり、宝石鑑定査定士として宝飾のバイヤーを務めている天沼慎五さんに話を聞いてきました!

そもそも、なぜ宝石(天然石)をクレーンゲームの景品にしたのか気になる人も多いはず。そのあたり天沼さんに聞いてみると「エブリデイを運営している株式会社東洋では、エブリディゴールドラッシュというリサイクルショップ(現在埼玉県内に13店舗)も展開していまして、主にブランド物や金・プラチナ・シルバーなどの貴金属、ジュエリーなどの買い取りをしています。デザインの良いものなどはキレイに仕上げて転売するんですが、デザインが古いものや形が変形しているものなど再度流通させても売れないものも中にはあって、それらを直して売るとなると結構コストがかかってしまうんです。ですので、それは地金を溶かして、次にジュエリーを作る材料として再利用しています。ただ、ジュエリーに付いている宝石(天然石)が残ってしまう。その石がかなり溜まっていて、いつかどこかで使えないかと思っていたんです。2012年にクレーンゲーム設置台数のギネス世界記録に認定されて、話題になったこともありましたが、来ていただいたお客様がよく仰っていたのが“ただお店が大きいだけ”だと。そこで、ただ台数が多いギネス世界記録のお店というだけじゃなくて、他のゲームセンターにはないお客様に“行ってみたい!”と思っていただけるような面白いものをやろうと考えて、この残った宝石(天然石)をクレーンゲームにしたら欲しがる人が多いんじゃないかと思い付いたのがきっかけでした」と振り返る。

とはいえ、宝石(天然石)をクレーンゲームにするにも苦労があったそう。

「宝石(天然石)が剥き出しでそのままをアームで掴む形だと、取っている過程で景品にキズが付いたり割れてしまう可能性があったり……間違いなく難しいだろうと。宝飾の売買をする際に、宝石を保存したり飾るために入れるケースがあるんですが、「宝石キャッチャー」でもひとつひとつ何の石か分かるようにケースに入れてしまえば、取ったお客様がそのまま持ち帰れて家で飾ったりすることも出来て面白いのではと考えました」(天沼さん)

なるほど、ケースに入れてしまうとはナイスアイデア!

「ただ、ケースに入れただけでは、取るのも難しいだろうということで、より取りやすくするために、“かいわれ”というアームが通るような紐をつける形を発案しました」と、どこまでもお客様目線でサービス精神旺盛な天沼さん。

「そのままケースを置くよりも、埋めて探せるような要素を取り入れた方が、ゲーム性が高くて面白いんじゃないかということで、アクリルのビーズを敷きつめた中に宝石(天然石)のケースを埋めて、引っ掛ける紐だけ出して何が取れるか分からないという“宝探し”のようなドキドキ感もプラスしたのが結果的に良かったです」と、試行を重ねながら現在の形に行き着いたのだとか。

「『月曜から夜ふかし』(2016年3月21日放送)で紹介されてからの客足がものすごくて、週末ともなるとかなりの行列ができてしまい、最高で3時間待ちという1機では回らない状況だったので、急遽4月に台数を5機に増やしました。景品の宝石(天然石)も、開始当時は50種類ほどだったんですが、現時点で200種類ぐらいあります(※5月26日時点)」と、その反響ぶりは目を丸めるほどだったそうです。

宝探しのようなゲーム性の高さと面白さに加え、約3万円相当の0.25ctのダイヤモンドを筆頭に、約2.5万円相当の1ctのルビー、約2万円相当の1ctのエメラルド、約1.5万円相当の1.5ctのサファイアや0.7ctのアレキサンドライト、1万円相当の2ctのブラックオパール、3ctのトパーズ、3ctのトルマリン、5千円相当の2ctのタンザナイト、3ctのアクアマリン、2ctの翡翠、3ctの赤珊瑚といった宝石(天然石)が含まれているのも人気に火がついた理由のひとつ。(※指輪やネックレスなどに加工した際に生じる石の価値としてのおおよそ金額です)

ちなみに、今までで一番すごかった猛者を聞いてみたところ「テレビで紹介される前から、よくご夫婦で来られる常連さんが、600個ほど取ってお部屋に飾っているそうで、コレクターとして頻繁に通っていただいています。あと1日で50個ぐらい持って帰った方もいますね」とすでにプロ級の方が存在している模様。

最後にうまく取る秘訣を聞いてみると「ピンポイントに紐のそばにアームを落とすのがポイントです」とのこと。

その秘訣を頼りにクレーンゲーム経験がほぼほぼ初心者の私もチャレンジ! するも、1回でゲットとはならず……5回目でようやくゲット。

敷きつめたビーズにアームが“ザクッ”と刺さる瞬間、ケースがゆらゆらと釣り上がった瞬間、そしてゲットした宝石(天然石)の種類が何なのか、などドキドキポイントの連続で、確かにこれはハマりそう。

ここエブリデイでは、「宝石キャッチャー」で話題になるまで、埼玉のゲームセンターということで、埼玉の特産物である川越のさつまいも、B級グルメで知られる北本トマトカレー(レトルト)や、鴻巣の川幅うどんなどを景品にしたり、これまでにも様々なチャレンジをしてきたそうです。「社内でどんどんアイデアを出し合っています。ゲームセンターという枠にとらわれず、お客様に面白いと思っていただけるようなものを提供していきたいです!」(天沼さん)。

この「宝石キャッチャー」を含め、309機ある店内の景品の数々にはテンションが上がること間違いなし!
たった100円で“宝探し”のドキドキが楽しめる「宝石キャッチャー」があるのは、エブリデイだけ。100円で狙え一攫千金! クレーンゲームの腕に自信があるという人はぜひ一度チャレンジを。

■UFO基ゃっ地ゃーエブリデイ 行田店

住所:埼玉県行田市下忍644−1
営業時間
平日12:00~24:00
土曜10:00~24:00
日曜10:00~23:00

<関連サイト>
梨衣名、ザキヤマの匂いに昇天!? ロケで泥酔!? 1日放送の「指原カイワイズ」で衝撃エピソード連発
http://www.entameplex.com/archives/29446

ふなっしーが1,878歳に!? 聖地船橋でバースデーパーティー開催するなっし~♪
http://www.entameplex.com/archives/29465

【突撃レポート】スイーツ×謎解き、スイパラで開催中のイベントがスゴい!
http://www.entameplex.com/archives/29409

UFO基ゃっ地ゃーエブリデイ
http://ufo-everyday.com/